建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM導入支援サービス
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM導入支援サービス

(株)シスプロ

BIM業務の生産性向上を支援

BIM導入支援サービス

 
「BIM導入支援サービス」は、BIMを効率よく導入しBIM業務の生産性向上を支援することを目的としている。
 
内容は「BIMモデル入力」「BIMツール講習」「オブジェクト作成」「オンサイトサポート」「その他開発サービス」である。
 
 

BIMモデル入力

 
「BIMモデル入力」は「ARCHICAD」や「Revit」の意匠モデルだけでなく、「Rebro」「Tfas」等の設備モデルを入力、および統合モデルの作成、干渉チェックの実施とフィードバックのサービスを提供する。
 

 最近では、既存建築物のアズビルトモデル作成にも対応している。3Dスキャナーで取得した点群データからBIMモデルを作成し、指定の形式で納品する。主に、リニューアル工事で活用されている。

BIMツール講習

 
「BIM ツール講習」は、「ARCHICADJUMP!」をはじめ、「LUMION」や「SolibriModel Checker」の独自の講習を定期的に行っている。
 
自社トレーニングルームでの定期講習のほか、ユーザーに合わせたカスタマイズ講習や、遠方のユーザー拠点に出向く出張講習も相談可能である。
 
 

オブジェクト作成

 
「オブジェクト作成」は建設プロジェクト対応の際に必要となるドアや窓・機器などの部材を、メーカーカタログに合わせてARCHICADのGDLやRevitのファミリとして作成する。
 

  

オンサイトサポート

 
「オンサイトサポート」は、自社でBIMを取り組み始めたユーザーに、BIMのスキルアップのため、過去の実物件を使用して効率の良いモデル作成方法やモデル管理の支援をし、BIM業務を円滑に進めることを目的としている。実物件を利用することでBIMの取り組みをより具体的に検討でき、業務フローの改善にもつなげることが可能である。
 

「ARCHICAD」「Revit」の他に、「SolibriModel Checker」のオンラインサポートも提供可能である。
 
 

その他開発サービス

 
前述の支援サービスの他に、シスプロでは「ARCHICAD」のAPI開発やアプリケーション開発も可能である。各企業によりBIMに付随する情報の使い方や必要なデータの範囲はさまざまであり、それらのニーズに対応する個別の開発サービスを提供する。
 
同社が支援対応可能なツールは以下の通りである。
 
【販売】
ARCHICAD
Revit
Solibri Model Checker
SmartCONPlanner
LUMION
【BIMモデル入力】
ARCHICAD
Revit
Rebro
Tfas
【BIMツール講習】
ARCHICAD
Solibri Model Checker
LUMION
【オンサイトサポート】
ARCHICAD
Revit
Solibri Model Checker
 
 

標準価格(税別)

 
要問い合わせ
 
(株)シスプロ
営業本部 ソリューションセールスグループ
Tel.03-5366-5212
http://www.syspro-net.co.jp/
 
 


新製品ニュース

エムティシーと川田テクノシステムが道路設計分野で業務提携


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会