建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> ARCHICAD 22 / ARCHICAD 22 Solo
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

ARCHICAD 22 / ARCHICAD 22 Solo

グラフィソフトジャパン(株)

建築/建設業界のワークフローを変える、業界をリードするBIMソフトウェア

 


概要

 
3Dで仕事をする:
クリエイティブな3D環境でプロジェクトを進めることにより、より良いデザインと早期の合意形成をサポート。
 
単一モデル:
全ての情報が単一のモデルに含まれるため、パース・図面・数量の整合性が確保され、変更も容易。
 
効率的な図面作成:
各種図面が直接モデルから生成され、自動的に更新されるため、設計図書作成がスピーディで簡単。
 



 

ARCHICADは、もっとも自然な操作性を提供するBIMソフトウェア

 
スマートなツールセットと分かりやすいユーザーインターフェイスが設計者の仕事をサポートするワークフローを実現。3D環境のモデル作成、編集、変更を最初に可能としたBIMソフトウェア。
 
 

ARCHICADの革新的なチームワークコンセプトが、共同作業のあり方を変える

 
各関係者が一つのBIMプロジェクトに同時に参加し、変更箇所をすぐさま送受信でき、リアルタイムで共同作業ができる。また、社外との共同作業は、BIMcloudを使うことにより、安心・安全な作業環境を提供する。
 


情報の管理

 
ARCHICADのプロパティを活用し、どのような情報でもモデルに割り当てることが可能。「プロパティマネージャー」により、プロジェクト内の情報をスマートに管理し、プロジェクト間でプロパティのインポート/エクスポートが可能。
 


Excel連携

 
建設プロジェクトに関する情報は、BIMモデル以外の場所で管理されている場合もある。Excel/ARCHICAD間のプロパティ値の入出力で、外部で管理されている情報を一括でARCHIACDに読み込み、BIM要素と関連付けて活用できる。

 

数式で定義されたプロパティ値

 
ARCHICAD 22ではプロパティの値を数式で定義できるようになった。これにより、BIMの「情報」に関する機能が大幅に強化された。この自動化されたワークフローでは要素のプロパティ値として任意の計算規則を定義でき、手動でのデータ入力を行う必要がない。
 
 
 
 

標準価格(税別)

 
ARCHICAD 22
840,000円
ARCHICAD 22 SOLO
345,000円
 
グラフィソフトジャパン(株)
Tel.03-5545-3800
https://www.graphisoft.co.jp

動作環境
OS
Windows 10(64bit)
macOS® 10.13 High Sierra
macOS® 10.12 Sierra
CPU
4コア以上の64bitプロセッサ
メモリ
複雑なモデルには32GB以上
HDD空容量 
インストールには5GB以上
VIDEOカード
Open GL 3.2対応のグラフィックカード複雑なモデルの操には1024MB以上のRAMを推奨
 
 


新製品ニュース

「Endeavor NJ7000E 3DCG 制作Select」が『Unity推奨パソコン』プレミアムクラスに認定


建設ITガイド 電子書籍 2020版
建設ITガイド2020のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会