建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> Vectorworks Architect 2019
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

Vectorworks Architect 2019

エーアンドエー(株)

BIM・建築設計環境を大幅に改善

VILLANOVA ICŌNE  COURTESY OF HAMONIC+MASSON & ASSOCIĒS

 
マルチビュー               シートレイヤの描画改善

概要

 
強力に進化しているBIM機能とプレゼンテーション能力が融合した建築設計向けワンストップアプリケーション「VectorworksArchitect」。バージョン2019では、単に建物を設計するためのツールだけではなく、そもそもの作業環境や使い勝手、建物の外構設計からプレゼンテーションまで、非常に幅広い機能を搭載したパッケージとなった。
 
これまで進めていたワンストップアプリケーションがさらに進化し、設計者に必須のパートナーとなった。
 

作業環境から設計環境まで幅広く改善

 
設計者を下支えするVectorworksがさらに進化し、作業環境からBIM・建築設計環境まで幅広く改善する機能を搭載した。
 
・ファイルオープンを高速化
・シートレイヤの描画改善
・クラスとレイヤのフィルタリング
・クリップキューブのままビューポート
・イメージエフェクト
・詳細度を設定できる2Dコンポーネント
・スペースオブジェクトの改良
・水平・垂直断面ビューポートの改善
・データタグ
・地形モデル編集機能の強化
・AutoTURN Onlineの統合

 

ファイルオープンを高速化

 
BIMモデルのように、プロジェクトのデータ量が多くなるとファイルを開く際に時間がかかってしまう。2019ではこのストレスをできるだけ低減し、素早くファイルを開き、作業を開始できるようになった。
 
オンデマンド・テッセレーションという技術を取り入れ、必要なオブジェクトを必要に応じて表示できるようにしたことで、余計な待ち時間を減らすことができる。
 
この技術は3Dだけではなく、2Dだけのファイルでもファイルオープンを高速化している。

 

シートレイヤの描画改善

 
BIMを進める上で図面化に必須となるのがシートレイヤである。これまで、シートレイヤ上に複雑な表現のビューポートがあると、画面の拡大/縮小や移動すると再描画に時間がかかり、スムーズな設計業務を妨げていた。
 
2019ではVectorworksの描画エンジン(VGM : Vectorworks Graphics Module)がシートレイヤに対応し、さらにマルチコアを活用できるようになったことで、煩わしい再描画を待たずに設計を進めることができる。

 

クラスとレイヤのフィルタリング

 
設計を進めると、レイヤやクラスの数が多くなり、設定したいクラスや、アクティブにしたいレイヤを見つけにくくなっていた。
 
2019ではクラスとレイヤのフィルタリング機能を搭載した。これにより素早く目的のものを見つけることができ、設計環境を切り替えることができる。クラス/レイヤドロップダウンやナビゲーションパレット、オーガナイザダイアログに検索フィールドが搭載され、探したい項目の一部を入力することで表示が絞り込まれる。
 
さらに、フィルタリング設定を保存できるようになり、「2階のデザインレイヤ」や「壁のクラス」などのように、よく使う設定をすぐに呼び出すことができる。
 
 

クリップキューブのままビューポート

クリップキューブは2013で搭載され、デザインレイヤ上で3Dモデルを確認する便利なツールとして親しまれている。
 
2019では、クリップキューブの表示状態のままシートレイヤにビューポートを作成できるようになった。
 
この機能を活用することで、立体的な断面表示でプレゼンテーションを可能にする。さらにクリップキューブの外にあるオブジェクトの影を反映することで、室内の日当たりを分かりやすく表現できる。

詳細度を設定できる2Dコンポーネント



イメージエフェクト

 
CADやBIMというとベクトルデータや3Dオブジェクトを扱うだけのように感じられるが、Vectorworksはプレゼンテーションまでをワンストップで活用できる。
 
2019では、取り込んだ画像やレンダリング設定のビューポートに対し、コントラストや露出、ハイライトなどの調整を行うことができる。これまでは画像編集ソフトに取り出す必要があったが、今回の新機能により、さらなるワンストップ化を図ることができる。
 

イメージエフェクト



詳細度を設定できる2Dコンポーネント

 
Vectorworksにはこれまで平面表現と3Dモデルを1つのシンボルとして登録する機能を持っていた。
 
2019ではさらに進化し、上下左右前後の6面の2D表現とXYZの断面表現の合計9つの2D表現を登録できるようになった。さらに3段階の詳細度をそれぞれに設定できるため、BIMモデルから図面化するときに、各パーツの図面表現がより柔軟になった。
 
 

スペースオブジェクトの改良

 
BIMの設計においてスペース(部屋)オブジェクトのモデリングは重要となる。
 
2019でスペースオブジェクトが改良された。まずはスペーススタイルが導入されたことで、同じ用途のスペースのモデリングが容易になった。2Dでのラベル表示やカラースキームなどを共通化しやすい。
 
さらに、不整形の部屋形状を再現でき、登り天井や段差のある床をきちんと表現できる。これにより換気量計算のベースとしてスペースを利用できる。
  

水平・垂直断面ビューポートの改善

 
2019で、水平面と垂直面の断面ビューポート作成コマンドが分離され、それぞれの表示設定がより柔軟になった。
 
水平面であれば切断位置の下と上、垂直面であれば切断位置の奥と手前にあるオブジェクトの表示状態を設定できるようになった。この機能により天井伏図の作成が容易になり、見えないオブジェクトの表現を指定できる。

水平・垂直断面ビューポートの改善


 

データタグ

 
図面にはさまざまなラベルを使用する。
 
2019で、あらゆるオブジェクトの情報をラベルに表示できるデータタグが追加された。
 
タグはシンボルとしてスタイル保存され、中に含まれる文字列にどのような情報を表示するかを設定できる。パラメトリックオブジェクトの設定内容やシンボル名、レコードフィールド値を割り当てることが可能。
 
図面の注釈空間に配置でき、対象オブジェクト全体に一度に設定できるため、図面化におけるラベル配置が容易となった。
 

データタグ


 

地形モデル編集機能の強化

 
Vectorworksは建物だけでなく、その建物が建つ敷地や周辺環境を表現できる地形モデルを作成でき、現況地形と計画地形との土量計算も可能にしている。
 
2019では3D地形モデルをダイレクトに編集できるスカルプターツールが搭載された。形状を見ながらダイナミックに編集でき、2Dではその等高線を確認できる。これまでより直感的な操作を実現した。
 

地形モデル
編集機能の強化

AutoTURN Onlineの統合

 
Transoft 社が提供するAutoTURNOnlineがVectorworksに統合された。
 
これは、車両の軌跡をシミュレーションする機能で、Vectorworksで作成した平面図をAutoTURNのサービスにアップロードして利用する。アップロードする際はVectorworks上にブラウザが表示されるため、他のアプリケーションに移動せずに使うことができる。
 
車両のホイールベースやトレッド幅などを設定したら、マウス操作で車両を動かすことで軌跡を確認できる。シミュレーションが終わったら、結果をVectorworksに取り込むことができ、計画した平面で車両が通過できるかをチェックできる。
 

AutoTURN Onlineの統合


Vectorworks製品ラインアップ
Fundamentals/Architect/Landmark/Spotlight/Designer



標準価格(税別)

 
416,000円
 
エーアンドエー(株)
Tel.03-3518-0790(営業推進課)
http://www.aanda.co.jp/
動作環境
Webページ参照
 
 


新製品ニュース

ビルダー向け営業支援ツール『ALTA AIスケッチ』の販売開始


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会