建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 現況高さ編集ソフト APS-ZE
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

現況高さ編集ソフト APS-ZE

(株)エムティシー

専用ソフトウェアによる効率的な平面現況図の3次元化


概要

 
高さ情報(3次元情報)入力に特化した専用コマンドを使用することで、等高線、道路、法面などの図形データ(ベクターデータ)へ高さ情報(3次元情報)を効率良く付与することができる。
 
また、読み込み対応ファイルは「DXF、SXF、拡張DM、シェープ、LandXML、SIMA、テキスト、基盤地図情報」と多くのファイルに対応。
 

平面現況図への高さ入力


 

サーフェスモデルの作成

 
作成または読み込みした3次元地形モデルの高さ情報から、TINサーフェスモデル(面データ)を自動作成する。
 
作成されたサーフェスモデルは、3DViewer機能で立体的に地形を確認できるため、高さ情報の入力ミスのチェックが容易に行える。さらにAPS-Mark犬悒如璽燭魄楾圓気擦襪海箸如◆崕腸C埜酋靴亮萋澄廚筺崙始線形3Dモデル+地形3Dモデルを組み合わせた3Dモデル出力」等、3次元地形データを広く活用できる。
 

サーフェスモデルの作成


 

航空写真マッピング

 
サーフェスモデルに航空写真や衛生写真のラスター画像(TIFF,JPEG,PNG,BMP)をマッピング処理(貼り付け)させることで、地形イメージをさらに視覚的に確認することができる。
 

航空写真マッピング


 
 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)エムティシー
Tel.03-5396-0521
http://www.mtc-aps.co.jp/
 
 


新製品ニュース

エムティシーと川田テクノシステムが道路設計分野で業務提携


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会