建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM/CIM業務向け 広域3次元モデルデータ
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM/CIM業務向け 広域3次元モデルデータ

株式会社ゼンリン

ゼンリンの詳細な建物情報と地形データから制作する、全国の3D地図データ

 

広域3次元モデルデータ(左:長崎周辺、右上:レインボーブリッジ、右下:渋谷周辺)


 
 

概要

 
ゼンリンでは2016年秋より、新たに「広域3次元モデルデータ」の提供を開始した。ゼンリンの詳細な建物情報と地形データから制作した、全国の3D地図データである。
 
3D都市モデルデータは整備エリアが政令指定都市に限られていたが、広域3次元モデルデータであれば、北海道から沖縄まで全国で提供が可能になった。
 
都市部以外の郊外、山域や港湾周辺での建設シミュレーションにおいても、3Dモデル制作の手間なく、すぐに周辺街区データとして3D地図データを利用できる。
 
 

整備方法

 
ゼンリンの地図調査は、全国の調査員によって現地で確認を行っている。ビルから個人住宅までの家形枠や建物階数情報等を取得し、住宅地図データベースとして収集している。
 
広域3次元モデルデータはその家形枠と建物階数情報を利用し、階数に応じた3D建物モデルを作成している。
 
国土地理院の標高メッシュ(50m・10m版)を利用した地形モデルの上に重ね、地形+建物のデータとして再現されたデータである。
 
 

特長

 

  • 建物階数情報を利用して階数に応じた高さを再現した建物3Dデータと地形データによる3Dモデルを全国提供。
  • 地形情報は、国土地理院の50mメッシュ標高版だけでなく10mメッシュ標高版にも対応しており、より高い精度の地形情報を利用したモデルを活用できる。
  • 3D都市モデル同様に、世界測地系・平面直角座標に対応。各種BIM/CIMソフトウェアで設計情報と重ね合わせた利用が可能。

 
 

データ仕様

 

  • 座標系: ①世界測地系 平面直角座標
         ②図内座標
  • データ形式:FBX形式。その他形式へのフォーマット変換も応相談
  • 整備エリア:日本全国対応
  • 地形:数値地図 50m・10mメッシュ標高を使用
  • 提供単位:1図
    (約5km×約5kmの定義区画)

 
 

標準価格(税別)

 
1プロジェクト 50mメッシュ標高版 95,000円〜/1図
1プロジェクト 10mメッシュ標高版 148,000円〜/1図
 
(株)ゼンリン
ICT営業二部 3Dソリューション担当
Tel.03-5295-9115
http://www.zenrin.co.jp/product/service/3d/index.html
メール:3d_asset@zenrin.co.jp



新製品ニュース

「ICT × 人材教育」でリフォーム受注を伸ばす『ALTA リフォーム提案力強化パッケージ』をリリース


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会