建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM/CIM業務向け 3D都市モデルデータ
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM/CIM業務向け 3D都市モデルデータ

株式会社ゼンリン

詳細地図情報と専用車両で計測したデータによる、テクスチャ付き3D地図データ

 

3D都市モデルデータ(左:品川周辺、右上:東京駅、右下:横浜周辺)


 

専用計測車両(右)で収集したデータを基に再現したリアル交差点(左)や高架構造物(中央)


 

概要

 
「3D都市モデルデータ」は、ゼンリンが独自のフォーマットで整備してきたカーナビ向け3D地図データをFBX形式に変換し、建設業界のシミュレーション向けに提供しているデータである。
 
BIM/CIMモデルを配置するだけで、街区データとしてすぐに利用でき、周辺環境含めたリアルなシミュレーションが可能となる。手作業で3D化する必要がなく、周辺モデル作成にかかる作業時間、人件費などを大幅に削減できる。
 
3Dモデルで周辺環境を見える化し、イメージを共有することで、関係者間の合意形成が図りやすく、施工計画の可視化や、建設後完成イメージのプレゼンテーション業務に最適。
 
 

整備方法

 
各種センサーや全方位カメラを搭載した独自の計測車両「タイガー・アイ」を走行させ、詳細な周辺情報を収集。交差点を中心とした半径50m内は、建物形状やテクスチャ、高速道路、道路のレーンペイント、道路標識までも忠実に再現したリアルモデルで整備。
 
上記以外は、ゼンリンの2次元地図情報(家形枠や建物階数情報等)を使って作られたモデルに、擬似テクスチャを張り込んだライトモデルとなる。
 
 

特長

 

  • テクスチャ付きのモデルを建物単位で加工・編集し、BIM/CIMモデルと組み合わせて手間なくリアルなシミュレーション・プレゼンテーションが可能。
  • 世界測地系・平面直角座標に対応しており、設計情報と重ねた際の歪みを解消。航空写真や国土地理院基盤地図とも重ね合わせて利用可能。

 
 

データ仕様

 

  • 座標系: ①世界測地系 平面直角座標
         ②図内座標
  • データ形式:FBX形式。その他形式へのフォーマット変換も応相談
  • 整備エリア:東京23区、大阪市全域および政令指定都市中心部の全21都市
  • 地形:数値地図50mメッシュ標高を使用
  • 提供単位:1パーセル
    (約625m×約625mの定義区画)

 
 

標準価格(税別)

 
1プロジェクト 148,000円〜/1パーセル
 
(株)ゼンリン
ICT営業二部 3Dソリューション担当
Tel.03-5295-9115
http://www.zenrin.co.jp/product/service/3d/index.html
メール:3d_asset@zenrin.co.jp
 



新製品ニュース

図面管理・情報共有ツール『SpiderPlus』の写真帳票のレイアウトが自由に変更可能に


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会