建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> Galaxy-Eye
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

Galaxy-Eye

株式会社富士テクニカルリサーチ

3次元レーザー計測データCAD化ソフトウェア

 

Galaxy-EyeのGUI:3次元計測データは写真のように見えるが全て3次元座標データの集合体。
自由な視点から任意の寸法を取得可能


 

概要

 
「Galaxy-Eye」は3次元レーザー計測器から得た大規模な計測データを瞬時に軽快に処理する、全く新しいソフトウェア。従来からある多数の問題を克服し、ストレスを感じさせないソフトウェアを実現した。自由自在に計測データの中を飛び回り、現場の状況を机上で確認することが可能。ハンドメジャーのように高所作業も少なく、計測漏れの心配も最小限となる。
 
「現場をデジタル化」する理想的なソリューションとして、既設プラントの3D-CAD化、建造物の3Dデジタル管理、建設現場の進捗管理、リバースエンジニアリングなど、さまざまな分野に適用できる。
 

俯瞰図:天井のみを非表示にして、写真では不可能な視点からも確認できる


 

CADモデリング

 
点群データから形状データを作成するモデリングは、点群処理ソフトウェアの中で最も魅力的な機能である。現場のモデリングを実現するために、主要な形状(配管・鋼材・平面)を対象とした高速モデリング機能を開発した。モデリング機能を利用することで、現物を基にした形状データを素早く取得することができる。
  
また、作成した配管CADを基に、アイソメ図を作成・出図することができる。Galaxy-Eyeの配管CADモデルは全て中心線で制御している。その中心線に対し、サポート位置の設定、自動寸法出力など、便利な機能を多数取り揃えている。
 

断面図:デジタルデータのため、一部を切り出して、平面図のようにみることもできる


 

レイアウト検討

 
既存設備を計測し、計測データをグループ化することで、マウス操作で自由にコピー&ペーストを行うことが可能。機器の再配置検討から省スペース化検討などに活用できる。
 
他にも、別々の現場で計測したデータの統合や3D-CADで作成した機器も設置検討が行える。
 

計測データからのモデル化:コメントを追加すれば指示書としても利用可能


 

機器搬入検討

 
機材の増設・改造時の機器設置位置および搬入ルート上において、他構造物との干渉チェックを行うことができる。
  
特に、設置位置では問題なくとも、搬入ルート上で課題が山積みになる場合が多々ある。「Galaxy-Eye」では計測データの中に、ダイレクトに3D-CADをインポートし、ルート上を動かしながら干渉チェックを行うことが可能である。
  
また、大型組み立て型クレーンなどの設置場所の確認や効率化検討など、2次元図面だけ、現場写真だけでは困難な作業も効率的に行える。
 
 

標準価格(税別)

 
1,800,000円〜
 
(株)富士テクニカルリサーチ
Tel.045-650-6650
http://www.ftr.co.jp
 
動作環境:
OS       Windows 10/8/7(64bit)
CPU       Core i5以上
メモリ      8GB以上
HDD空容量   80GB以上推奨



新製品ニュース

VRを活用した安全教育ソリューション『安全体感VRトレーニング建設現場シリーズ』を販売


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会