建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 建築設備専用CAD Rebro2017
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

建築設備専用CAD Rebro2017

株式会社NYKシステムズ

意匠・構造との連携や電気機能をより強化した建築設備専用3次元CAD

 

デルデータから各種図面を生成し、修正もリアルタイムに連動


 

レブロの特長

 
レブロは、最新の操作性を取り入れ、誰もが直感的に作図できる建築設備専用CADである。リボンインターフェースの採用やダイレクトな編集を可能にするハンドル機能をはじめ、必要なコマンドだけを絞り込んで表示・起動できるコンテキスト(右クリック)メニュー、プロパティパネルから編集できる手軽さなど、軽快な操作・編集でモデルデータを取り扱える。他の設備CADと比較しても、CADの習得が短期間で容易に可能な点も特長だ。
 
レブロでは、一つのモデルデータから平面図、断面図のほか、空調図面や衛生図面、断面詳細図、スリーブ図など、用途に応じて自由に切り出して生成できる。各図面データは、CGを含めて常に連動するため、一つの図面に変更を加えると、瞬時に他の図面にも修正が反映され、常に図面の整合性を確保しながらの作図が可能である。
 
 

梁貫通可能領域設定とスリーブチェック

 
レブロは、業界標準のIFC連携はもちろんのこと、専用アドインを追加することにより、専用ファイルで建築データの連携が可能である。引き継いだ躯体情報を基に、梁の貫通可能領域を設定・見える化し、スリーブの配置検討を支援する機能を実装した。スリーブの位置や直径サイズ、スリーブ同士の間隔について、設定したルール通りに配置されているかをチェックし、その結果をリストに表示。リストもしくは図面上の梁を選択し、結果表示すると自動で断面図を生成し、OKまたはNGでスリーブの貫通状況を確認できる。スリーブ断面図の作成が容易になるほか、鉄骨製作CADへのスリーブ情報の出力が可能である。
 

梁貫通可能領域設定とスリーブチェック


 

BCF(BIM Collaboration Format)への対応

 
レブロのマークアップ機能を活用し、BCF対応ソフトとの間で「コメント」「スナップショット」「視点」の受け渡しが行えるようになった。BCFを質疑応答書のように活用することで、スムーズな情報共有と合意形成が図れる。無償のレブロビューアもBCFに対応しているため、CADを保有しない関係者も情報共有が可能となる。
 

BCF(BIM Collaboration Format)への対応


 

照度計算と照度計算書/照度分布図作成機能

 
照明器具に配光データが設定可能となり、それを基に照明器具の台数を計算・配置する機能を実装した。併せて、照度計算書の作成にも対応。また、パナソニック株式会社のルミナスプランナーと連携し、照度分布図の作成も可能となった。
 
レブロは、BIM活用はもちろん、設備にまつわる各種業務に貢献できるソリューションである。
 

照度計算と照度計算書/照度分布図作成機能


 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)NYKシステムズ
Tel.03-5833-7172
http://www.nyk-systems.co.jp/
 
動作環境:
OS      Microsoft Windows 10/8.1/8/7 SP1 (64bit/32bit対応)
CPU      Intel Core i7、Core i5推奨
メモリ     3GB以上(64bitOSは8GB以上推奨)
HDD空容量  1.5GB以上



新製品ニュース

図面管理・情報共有ツール『SpiderPlus』の写真帳票のレイアウトが自由に変更可能に


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会