建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> 鉄骨専用CAD FAST Hybrid
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

鉄骨専用CAD FAST Hybrid

株式会社ファーストクルー

Revit⇔FAST Hybrid 双方向連携による鉄骨詳細モデル生成

 

Revit構造モデル


 

概要

 
鉄骨専用CAD FAST Hybridは、図面現寸の連動性、自動作図された図面品質面で高い評価を得、多くのFABや図面作成会社で活用されている。特に大型の物流倉庫や超高層などの大規模物件で効果を発揮する。
 
また、Revitとの連携ソフトをPhase-1、Phase-2と段階的に開発してきた。以下、その連携機能について説明する。
 
 

Phase-1:Revit⇒FAST Hybrid API 連携

 
昨年、Revitの鉄骨構造モデルをFAST Hybridへ取り込みインポートソフトを開発し、今年から正式リリースした。既に実案件でRevit⇒FAST Hybrid連携ソフトが稼動している。
 
この連携ソフトはAPIを利用したアドオンソフトとしてRevitに組み込まれる。このアドオンソフトを起動すると、ファミリと呼ばれる部材情報から部材リスト情報を取得し、配置オブジェクトから柱、梁等の芯の位置情報を取得する。
 
これらの情報を取得した後は、連続してFAST Hybrid側で、ダイアフラム、スプライス、ガセット等の接合部を自動生成する。
 
オペレーターから見ると、アドオンソフトを起動するだけで、FAST Hybrid上に接合部形状を含めた鉄骨詳細モデルが自動的に構築されるような振る舞いとして見える。
 
APIを利用したこのような連携手法のため、Revitの構造データが正確かつスピーディーに渡り、FAST Hybrid上に鉄骨詳細モデルが構築される。
 
FAST Hybrid の自動作図機能や材料集計機能を利用すれば、連携直後に施工図作成、積算処理が可能となる。
 

インポート後のFAST Hybrid詳細モデル


 

Phase-2:Revit⇔FAST Hybrid 双方向連携

 
Revit⇒FAST Hybrid連携で生成される鉄骨詳細モデルは、BIMデータとしてはIFC形式の出力となっていた。
  
Phase-2では、この鉄骨詳細モデルをRevitネイティブデータとして生成可能となった。
 
柱や梁の型鋼部材はファミリ形式で、接合部形状はDirect Shape形式で生成する。生成方法には、リアルタイム連携による方法、非同時一括生成による方法、部分的な詳細化、の3つの連携方法がある。
  
リアルタイム連携はRevitに組み込まれたアドオンソフトがFAST Hybrid と連携し、Revit⇒FAST Hybrid⇒Revitを一連の流れで処理し、Revit上に鉄骨詳細モデルを生成する。この際、フェーズを分けることにより、オリジナルの構造モデルが修正されることはない。非同時一括生成は、FAST HybridでFASTオペレーターがさらに詳細化を行い、そのデータをRevitモデルとして一括生成する機能である。
 
部分連携とは、構造設計者がRevit上で指示したオブジェクトに対し、その箇所のみを詳細化する機能である。
 
リアルタイム連携と部分連携は、構造設計者がモデルの詳細化を行う時に、非同時一括生成は施工モデルとして利用する場合に有効である。
 
この双方向連携により、鉄骨詳細モデルが早期にRevit上に構築できるため、接合部の検討や、意匠、設備との干渉チェック、現場の施工管理と多方面でRevit詳細モデルが活用できる。
 

双方向連携後のRevit詳細モデル


 

標準価格

 
要問い合わせ
 
(株)ファーストクルー
Tel.03-5822-3544
Fax.03-5822-3554
http://www.fastcrew.co.jp/
https://www.facebook.com/fast.hybrid.jp/ (Facebook)
fast@fastcrew.co.jp
 
動作環境
要問い合わせ



新製品ニュース

『Autodesk Revit2019』向け構造用ファミリを公開


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会