建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> Solibri Model Checker
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

Solibri Model Checker

株式会社シスプロ

BIMモデルの精度をより確実なものに

 

 

概要

 
Solibri Model Checker はBIM-CAD で作成したBIMモデルをIFC形式等で取り込み、49種類の基本ルールを組み合わせてさまざまなモデルの不整合を洗い出すツールである。意匠モデルに限らず構造や設備データも取り込むことができ、このツール上で統合検証できることも特徴の一つである。
 
 

導入準備

 
建設業界では、意匠・構造・設備でそれぞれ異なるBIMツールを使っている。そのため、Solibri Model Checker でこれらのBIMデータを取り込む際には、自社のツール環境を見極め、目的に応じたルールを適用するための「情報整理」が必要である。 Solibri Model Checkerの導入効果を大きくするためには、この準備をいかに正確に行うかが重要である。
 
 

建設現場における導入効果

 
建設現場の施工フェーズにおいて、Solibri Model Checkerで最もよく使われている基本ルールは「干渉検査」と「梁貫通可能範囲の検出」である。これらに加えてスリーブ同士の間隔を検査する「離隔チェック」や、部材仕様どおりのモデルが作成されているかを検査する「ヒューマンエラーによる同一部材の重複配置のチェック」など、BIMデータの精度を高める目的でも活用することができる。
 
これらの機能により、空間の取り合い検討はこれまでより短時間での作業が可能になった。さらに、作図規定を標準化することで異なる現場でも共通のルールを使えるようになり、施工フェーズでの生産性向上が期待できる。
 
 

標準価格(税別)

 
製品本体      820,000円
         ※ネットワークライセンス
サブスクリプション 130,000円
 
(株)シスプロ
営業本部 企画・営業チーム
Tel.03-5366-5210
http://www.syspro-net.co.jp/
販売元:グラフィソフト・ジャパン株式会社



新製品ニュース

『Autodesk Revit2019』向け構造用ファミリを公開


建設ITガイド 電子書籍 2018版
建設ITガイド2018のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会