建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> FUJITSU 製造業ソリューション 建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

FUJITSU 製造業ソリューション 建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1

株式会社 富士通システムズ・ウエスト

「見える化」「見せる化 」のさらなる追求で高品質な設計・施工を支援



s24_1.jpg
建築設備CAD CADEWA Real TOP画面


はじめに

近年、地震や豪雨などの大規模災害時には、建築物の天井や天井裏配管・機器が落下し被害が生じることもあり、施工後見えなくなる設備に対しても安全性確保に向け、さらなる品質が求められている。

上記の背景を基に、平成27年10月1日にリリースした、新バージョン建築設備CAD CADEWA Real2015 SP1では、施工時に必要な鋼材種別を追加し、吊りや支持が正しく施工できているかを確認するチェック機能など、施工品質を向上させるための機能充実と最新のWindows 10へのOS対応を実施している。

さらに「見える化」、「見せる化」の追及として3DCGの表現力を強化し、より立体感のある分かりやすいイメージの共有と円滑な意思疎通の支援を図っている。

高品質な設計・施工を支援することにより建築物の安全性確保につなげ、「安心・安全」な暮らしに貢献する。

下記に建築設備CAD CADEWA Real2015 SP1の具体的な機能を紹介する。


s24_2.jpg
3DCGで見た総合図


s24_3.jpg
ケーブルラック振れ止め


s24_4.jpg
多段吊り施工


リアルタイム干渉チェック

複雑化する設備設計図面を作画していく中で、建築や設備の干渉確認は必須となる。
熟練者であったとしても、2D図面での整合性確認は容易ではなく、確認漏れなどのリスクがある。

建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1では、従来の干渉チェック機能を強化し、作画や編集と同時に設備や建築などの不整合を確認することができる、リアルタイム干渉チェック機能を搭載した。
これにより、効率的に高品質な図面作画を支援する。


s24_5.jpg
リアルタイム干渉チェックの結果


配管プレカット

建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1から、配管に加工用の属性を付与し、L寸の作図や帳票のExcel 出力が可能な配管プレカット機能を搭載した。
これにより、ルートをあらかじめ現場で使用しやすいサイズや形に加工しておくことで、現場の作業負荷を軽減することができる。


施工状況の確認

施工現場において、インサートやスリーブに対し、施工状況を図面上に記録することが可能。
例えば、インサートの先施工、後施工などの情報を付与し可視化することで、作業漏れが無いかなど施工状況の確認や実施記録として、施工品質の証明として利活用することができる。
またSP1では施行確認マークの作図レイヤを設定する機能を追加し、編集性を向上させている。


s24_6.jpg
施工状況の確認マーク


技術計算

建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1より、空調・衛生の技術計算機能に「揚程計算」と「静圧計算」が新たに追加された。
これらの機能では、ポンプや送風機などの機器類から、ルート条件に応じた配管・ダクトや継手類の単位抵抗を合算し、最適なポンプ、送風機などの機器類の選定計算が可能である。


s24_7.jpg
揚程計算/静圧計算結果


また、電気の技術計算機能として、従来から備えているパナソニック株式会社のLuminous Planner 連携を強化した。
Luminous Plannerがインストール済の端末であれば、建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1単体でLuminous Planner計算エンジンと連動し、パナソニック照明器具データのシンボル読込み、照度計算機能による一括配置や、照度分布図を図面上に作図することが可能である。
※Luminous Plannerはパナソニック株式会社の登録商標である。


s24_8.jpg
※Luminous Plannerはパナソニック株式会社の登録商標である。


BIM(IFC)対応

建築設備CAD CADEWA Real2015 SP1は、建築CAD等で作画した3D建築部材のIFCファイルを取り込むことができる。
また、一般社団法人IAI日本で策定された「設備IFCデータ利用標準V1.2」に対応しており、他設備CADで作成されたダクト・配管・電気などの設備部材を取り込み、編集や材料集計を行うことができる。

フロアごとの情報を1図面に読込み、シートに分割、もしくは別図面ファイルに分割することができ、フロア単位での作画が可能。
分割した図面ファイルにレベル情報を付与して統合することで1ファイルに出力することもできる。
また、出力対象部材を選択し、設備部材のみ出力することも可能である。


s24_9.jpg


3DCG表現力の強化

建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1では、より立体感のある3DCGの表現力強化に取り組んでいる。
設備部材の形状表現や、3DCGに対して、複数の方向から同時に切断する「CG切断機能」を設けたことにより、確認したい位置をより分かりやすく表現できる。

また、任意のフロアシートレベルを基準に、上下の切断レベルを設定し、見上げ見下げの用途に応じて、必要な部分を2D,3Dで表示する「レベル切断設定」を搭載した。


s24_10.jpg
3DCGの断面切断機能


s24_11.jpg
2D,3Dのレベル切断機能


多言語(UNICODE)対応

建築設備CAD CADEWA Real 2015 SP1では、多言語入出力に対応し、海外言語を含む文字の表現が可能となった。
これにより、近年の建築設備業界における、グローバル化を支援する。


標準価格(税別)
要問い合わせ
(株)富士通システムズ・ウエスト グローバルビジネス本部 生産ソリューション事業部 CADソリューション部
Tel.03-6424-9373(東京)、089-945-6228(松山)
http://jp.fujitsu.com/fwest/cadewa/
動作環境:
OS:Windows 10(32bit/64bit)Windows 8.1, 8(32bit/64bit)Windows 7 SP1(32bit/64bit)
CPU:Windows Vista SP2(32bit/64bit)Core i3 シリーズなど同等品以上(Core i5 シリーズ同等品以上推奨)
メモリ:
64bitの場合: 4.0GB以上(8.0GB以上推奨)
32bitの場合: 2.0GB以上(3.0GB以上推奨)
HDD空容量:1.7GB以上

新製品ニュース

データ共有クラウドサービス『CIMPHONY』の新機能を今秋リリース


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会