建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM対応建築積算システム FKS Second Stage
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM対応建築積算システム FKS Second Stage

協栄産業株式会社

BIM連携機能を強化

 


■ 全国に1,200社以上のユーザーを持つ実績と信頼

 
建築積算・見積システムの開発実績40年の経験を生かし、協栄産業では積算データを利用し、施工から維持管理までの各フェーズに対応したシステム開発を行っている。
 
今後は全国に1,200社以上のユーザーを持つ積算・見積システムを中心に、施工点検記録、維持管理における建物点検、改修見積までの連携が期待される。
 
 

■ FKSのBIM連携機能を強化

 
RCでは、BIMで作成されたIFCデータおよび構造計算ソフトで作成されるST-Bridgeファイルの連携も可能。断面リスト、伏図データを自動作成する。またIFC出力ができ、施工BIMへの連携も可能となっている。仕上では建具や、部屋形状と、接続する部位情報より、部位ごとの仕上拾いデータが作成可能である。
 
 

■ 業界初の3D編集モードを搭載 RC数量積算システム FKS/RC Second Stage

 
業界初となる3Dモードの編集機能を持ち、視覚的にも分かりやすい作りとなっている。自動増打機能等の機能や、土工事計算も標準で搭載している。
 
根拠書となる帳票も、部位別集計表、役所にも対応できる計算書、鉄筋業者との擦り合わせ根拠となる定尺集計表なども用意している。
 
 

■ 図面からの取込、拾いを可能に 仕上数量積算システム FKS/FN Second Stage

 
図面ショット機能により複雑な形状の部屋にも対応、PDFやCADデータを取り込み、面積、長さ、箇所の計測も可能になっている。図面上で部屋ごとに拾った軌跡や、根拠となる計算式なども図面上に残すことができ、作成された部屋は3D表示も可能となるため、後からの確認作業も分かりやすく行える。
 
 

■ 業者見積比較機能を搭載 見積書作成システム KYOEI COMPASS Second Stage

 
FKSと連動して工種別の内訳階層を自動展開。Excelとの直接コピーなどもスムーズに行えスピーディーに見積編集が可能。直近工事などの他物件データ単価を自動セットすることができる他、10社までの業者見積比較を行う下見積機能も搭載。見積比較のデータも蓄積されるので、次回の見積依頼時にも役に立つ。Excelの入力、出力(計算式有)や、「RIBC」へのデータ連携も可能となっている。
 
 

■ 設備業者のExcel見積を自社見積に 設備見積書作成システム K-ESCORT

 
協力業者、専門工事業者からのExcel見積を自社歩掛に変換し見積書を作成できるので見積査定にも利用できる。他CI-NETの取り込みにも対応している。設備見積特有の1式物はボタン一つで自動作成することができる。なお、部材マスターは、積算実務マニュアル(機械設備、電気設備)を標準搭載している。建設会社はもちろん、ビルメンテ会社、発注者など幅広く活用できるシステムとなっている。
 
 
 

標準価格(税別)

 
30万円〜
 
協栄産業株式会社
Tel.03-3767-2312
https://www.kyoei.co.jp/fks/ 
 
動作環境
OS      Windows 8.1/10
CPU      Core i5同等以上
メモリ     推奨8GB以上
HDD空容量  推奨500GB以上
 
 
 


新製品ニュース

BIM対応の新製品「構造モデラー+Revit Op.」発売


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会