建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM対応建築積算システム FKS Second Stage
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM対応建築積算システム FKS Second Stage

協栄産業株式会社
FKS Second Stage


概 要

■ サブスクリプションサービスの開始

 
現在まで「見積書作成システム KYOEI COMPASS Light」で年額サービスを行っている中で、全国で多くの利用実績を獲得。
今回、ユーザーからの声で建築積算システムFKSにおいてもサブスク販売を開始する。
FKSのサブスクではバージョンアップ、サポート費用も含まれた形で一定期間の利用も定額費用で取り組みが可能のため、従来に比べ手軽に利用できるサービスとなっている。

 
 

■ FKSのBIM連携

 
「BIMの入口はFKS」をコンセプトに、BIMモデル作成の軽減を実現するべく新たな取り組みを開始。
 
通常、BIMモデルはBIMの操作スキルを持つ設計担当者が大変な手間と労力をかけ作成し、さらに設計担当者と積算技術者が異なる場合、BIMモデルに積算に必要なデータが入力されていないという問題がある。
そこで構造モデルでは、FKS/RCを利用し基本情報を入力するだけで構造3次元モデルが自動作成されるという特長を生かし、そのデータを設計BIMソフトウエアに連携させ、BIMモデル構築の大幅な時間短縮が可能となる。
鉄筋情報も容易に入力が可能となり、同時に積算に必要なデータも入力できる。
このようにBIMの入口をFKSとすることでBIMモデル構築の大幅な効率化が期待できる。
 
意匠モデルの場合は積算技術者がFKS/FNを使って仕上リストを作成し、そのデータをBIMモデルへ連携させ不足部材をモデリングするだけで、積算から内訳までを自動で算出することができる。
この仕組みを、株式会社フジキ建築事務所と協栄産業の「COST BIM」プロジェクトにおいて実現した取り組みである。
 
なお、FKS/RCは、構造計算ソフトで作成されるST-Bridgeファイルの連携も可能。

 
 

■ 建築積算システムFKS、見積書作成システムKYOEI COMPASS

 
RC数量積算システムFKS/RC Second Stageは 、業界初の3D編集モードを搭載したシステムである。
リストから選んで配置するだけの伏図方式を採用し、平面図、軸組、業界初となる3Dモードの編集機能と、どこからでも編集、見直しが可能である。
 
仕上数量積算システムFKS/FN Second Stageは、図面からの取り込みや拾いを可能にしたシステムである。
部屋形状作図と図面ショット機能により複雑な形状の部屋にも対応し、PDFやCADデータを取り込みから、面積、長さ、箇所の計測もできる。
 
見積書作成システムKYOEI COMPASS- Second Stageは、FKSと連動して工種別の内訳階層を自動展開できるシステムである。
Excelとの直接コピーなどもスムーズに行え、スピーディーに見積編集が可能。
直近工事などの他物件データ単価を自動セットすることができるほか、10社までの業者見積比較を行う下見積機能も搭載している。

 
 

標準価格(税別)

 
92,400円~(年額)
 
協栄産業株式会社
Tel.03-3767-2312
https://www.kyoei.co.jp/fks/index.html
 
動作環境
OS      Windows10
CPU      Core i5同等以上
メモリ     推奨8GB以上
HDD空容量  推奨300GB以上
 
 



新製品ニュース

セーフィー、全てのクラウドカメラの位置情報を管理画面の地図上に設定可能にセーフィー、全てのクラウドカメラの位置情報を管理画面の地図上に設定可能に


建設ITガイド 電子書籍 2022版
建設ITガイド2022のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会