建設ITガイド

トップ >> 注目ソフトPickUp >> BIM対応建築積算システム FKS Second Stage
注目ソフトPickUp

CIMやBIMをはじめCADや土木、建築、積算、電子納品などの各分野における注目ソフトウェア、ITツールを紹介しています。

BIM対応建築積算システム FKS Second Stage

協栄産業(株)

BIM連携機能を強化

 


概要

FKSのBIM連携機能を強化

 
BIM対応建築積算システムFKSのBIM連携は、BIMツールで作成されたIFCデータを取り込み、RCデータ、仕上データを作成できる。RC数量積算システムFKS/RCでは断面リスト、伏図データを自動作成。伏図は部位の重なりやすきま等の接続状態を補正して作成することが可能となっている。今回の新製品ではIFCデータの他に構造計算のデータであるST-Bridgeを取り込めるようBIM連携機能が強化されている。仕上数量積算システムFKS/FNでは建具のほか、部屋形状と部屋に接続する部位情報より、部位ごとの仕上拾いデータが作成可能である。一般社団法人 buildingSMART JapanのIFC検定(仕上積算モデルビュー定義2015)に合格している。
 
 

RC数量積算システム FKS/RC Second Stage

 
業界初となる3Dモードの搭載により、作図した伏図を自動で3次元へ展開。立体展開された建物を確認しながら各部材の編集まで実現した次世代躯体積算ソフト。新製品のFKS/RC Second Stageでは従来品に比べ計算速度が1/3になっている。積算用に改良されたCADが搭載されており、簡単な操作で自由な伏図配置ができ、複数棟対応やPC工法対応、自動増打機能も搭載。基礎伏図から根切図を自動作成して、根切、すきとり、捨コンクリートなどの数量も自動で算出される。さらに隣地境界線の山留の設定もでき、総掘りやつぼ掘りはともにn次掘削ごとに集計数量の区分けが可能である。
 
 

仕上数量積算システム FKS/FN Second Stage

 
部屋形状作図と図面ショット機能により複雑な形状の部屋に対応でき、PDFやCADデータを取り込み、面積、長さ、箇所の計測も可能になっている。作成された部屋は3D表示も可能になり、自動計算と手拾い感覚の自由な計算式入力を併用することで、スピーディーな拾い作業を実現している。新製品FKS/FN Second Stageでは従来品に比べ集計時間が1/3になっている。
 
 

見積書作成システム KYOEI COMPASS-Second Stage

 
Excelとの直接コピーなどもスムーズに行えスピーディーに見積り編集が可能。直近の工事などの他物件データから同一明細を検索して単価を自動セットすることができるほか、複数棟や部分別などにおいて別階層で名称が同じ明細の一括値入も実現。見積比較機能を搭載し、最大10業者査定が可能になっている。外部とのデータ受け渡しは、Excelの入力、出力(計算式有)や、「RIBC」から出力されたデータの取り込みが標準で用意されている。
 
 

標準価格(税別)

 
300,000円〜
 
協栄産業(株)
Tel.03-3767-2312
https://www.kyoei.co.jp/fks/
 
動作環境
OS
Windows 10/8.1/7
CPU
Core i5同等以上
メモリ
8GB以上推奨
HDD空容量
500GB以上推奨
 


新製品ニュース

3D建築ソフトに英語OS対応機能を搭載


建設ITガイド 電子書籍 2019版
建設ITガイド2019のご購入はこちら
サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会