建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 2015年9月 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

日本市場向けに開発したRevit向け機能拡張アプリ最新版がリリース

2015年9月29日 分類: CAD、BIM・CIM

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:ルイス・グレスパン)は、BIMアプリケーション『Autodesk® Revit®』(以下 Revit)の日本独自機能として提供している機能拡張アプリの最新版を、同社アプリ提供サイト「Autodesk EXCHANGE Apps Store(https://apps.autodesk.com/ja)」にて、Subscription契約者向けに無料で提供を開始した。
 
日本市場向けに開発したRevit向け機能拡張アプリ最新版がリリース
 
■製品の概要
Revitユーザ会「Autodesk Revit User Group Japan」、および国内の開発パートナーのアドバイスを取り入れて開発。
各アプリの主な機能は下記の通り。
 
「Japan Standard Extension for 2016」(日本独自の意匠設計向け拡張機能)
●以下のテンプレートを同梱し、カスタマイズも可能
【テンプレート】
坪帖換算コマンド/仕上げ読み込み/面積表作成/建具表作成/
排煙・採光・換気法規チェック /Excel 読み込み/階高さ寸法配置/
三斜求積コマンド/平均地盤面算出コマンド/通り芯寸法配置/床配置
※Autodesk Revit LT™2016でも使用可能
 
「Japan Standard Extension RST 2016」(日本独自の構造設計向け拡張機能)
●伏図自動修正
平面図ビューで表示されている大梁、小梁、水平ブレース、スラブ、柱、壁、鉛直ブレースのうち、対象レベル以外の要素を非表示に変更
●特記外設定
部材のタグに表示される内容によって、該当するタグを非表示に変更
 
「施工図 Extension for 2016」(施工図、詳細設計作成向け拡張機能)
●BIMモデルの建具の開口部について、建具開口枠欠込みの詳細を設定し、詳細寸法を自動作成。また、梁・柱に対し、増し打ちコンクリートの設定が可能
※Autodesk Revit LT™2016でも使用可能
 
「RC断面リスト作成 2016」(柱、梁のリスト作成。Revit Structure向け)
●Autodesk Revitのプロジェクト内にロードされている構造柱、構造フレームのうち、パラメータの条件を満たしたコンクリート構造柱、コンクリート大梁、コンクリート小梁の断面リストを線分や文字を使用して構造平面図ビューに作成
【出力できる対象】
大梁、ハンチ付き大梁/小梁/基礎大梁、ハンチ付き基礎大梁/基礎小梁/片持ち大梁/片持ち小梁/基礎片持ち大梁/基礎片持ち小梁
 
「SS3 Link 2016」
●Autodesk Revit Structure 2016と一貫構造計算ソフト「SuperBuild/SS3」(ユニオンシステム株式会社)との連携を行うアプリケーション
●SS3モデルのインポート
SS3入力CSVデータの建物形状データ、柱部材・梁部材の定義・配置情報、小梁・床・壁・開口・ブレースの定義・配置情報を読み取り、柱・大梁、小梁・床・壁・開口・ブレースをRevit Structure 2016のモデルとして生成。インポート機能では差分変換(断面のみ)も可能
●Revitモデルのエクスポート
Revit Structure 2016の構造柱・構造フレーム(大梁)、小梁・床・壁・開口・ブレースを、SS3入力用としての建物形状データ、柱部材・梁部材の定義・配置情報、小梁・床・壁・開口・ブレースの定義・配置情報をCSV ファイルとして出力
 
■問い合わせ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp/



建築設備CAD『CADEWA(キャデワ)シリーズ』の英語版新バージョン

2015年9月7日 分類: CAD、BIM・CIM

株式会社 富士通システムズ・ウエスト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宮田 一雄)と株式会社 四電工(本社:香川県高松市、代表取締役社長:家髙 順一)は、建築設備CAD『CADEWA(キャデワ)シリーズ』英語版の新バージョン『FUJITSU Manufacturing Industry Solution Building Facilities CAD CADEWA Real 2015 English Edition』を、8月27日に発売した。
 
建築設備CAD『CADEWA(キャデワ)シリーズ』の英語版新バージョンをリリース
 
■製品の概要
本製品は、国内で2015年2月に販売開始した『FUJITSU 製造業ソリューション 建築設備CAD CADEWA Real 2015』の英語版で、2次元図面と3次元CGがリアルタイムに双方向で連動し、設計図・施工図を効率的、高精度に作画できる。
システム内での文字入力は英語を含む多言語を可能とし、また、アジア地域で利用されている現地部材を豊富に搭載している。
昨今のアジア地域を中心とした建設需要の高まりに伴い、施工品質の向上や工期の短縮などのニーズに対応するツールとして、日本をはじめベトナム・インドネシア・タイ・マレーシア・シンガポールで提供する。
今回の新バージョンでは、現地語での文字入力を可能とすることで、現地関係者間での意思疎通がスムーズに図れるようになった。
また、現地サプライヤーから提供された約2115種の部材を新たに追加することで効率的な設計業務が可能となり、加えて、材料集計機能の搭載により正確な数量をすばやく集計できるようになっている。
 
■主な特長
●多言語対応
世界の主要な言語を扱うことができるUNICODE(ユニコード)に対応し、 海外言語を含む文字入力が可能。
●現地部材追加
現地でよく利用されている部材約2115種を新たに追加(空調・衛生機器300種、管材12種、継手13種、バルブ30種、電気機器732種、電線・ケーブル1017種、金属ダクト11種)。
●材料集計機能を搭載
現地部材を含む機器・器具の個数、配線管材料や長さダクト板厚毎面積等の自動集計が可能。
●現地での導入立ち上げ支援体制
「CADEWAシリーズ」を熟知し、サポート実績の豊富な各国の現地スタッフが導入立ち上げを支援する。
導入立ち上げ・サポートに関する現地語ドキュメントを各種用意している(英語・ベトナム語・インドネシア語・タイ語など)。
 
■問い合わせ先
株式会社 富士通システムズ・ウエスト
TEL:03-6424-9373(+81-3-6424-9373)
http://www.fujitsu.com/jp/group/fwest/



BIMアプリケーション『Autodesk Revit MEP』で利用できる設備ファミリ

2015年9月4日 分類: CAD、BIM・CIM

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)は、株式会社 ジオプラン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:西澤 常彦)が開発したBIMアプリケーション『Autodesk® Revit® MEP』向け設備ファミリ「GP 拡張ファミリ2015」726点を、同社アプリ提供サイト「Autodesk EXCHANGE Apps Store」https://apps.exchange.autodesk.com/ja)にてSubscription契約者向けに、9月1日より無料で提供を開始した。
 
BIMアプリケーション『Autodesk® Revit® MEP』で利用できる設備ファミリ
 
■概要
含まれる機器の内訳は下記の通り。
 
ダクト:25点/ポンプ:385点/フランジ JIS:19点/衛生機器:28点/換気設備:52点/空調機器:31点/消火設備:5点/制気口・排煙口・付属品:49点/配管付属品・弁類:132点
 
機器には接続点情報も設定され、2D/3Dともに対応しており、機器から正確な経路作図を行える。
 
■問い合わせ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp



確認申請書新様式に対応した住宅設計3次元CADシステム『Super Soft II』

2015年9月3日 分類: CAD、BIM・CIM

株式会社 コンピュータシステム研究所(本社:仙台市青葉区、代表取締役社長:長尾 良幸)は、住宅設計3次元CADシステム『Super Soft Ⅱ』の最新バージョンとなるVer4.7を8月31日に発売した。
 
確認申請書新様式に対応した住宅設計3次元CADシステム『Super Soft Ⅱ』
 
■製品の概要
木造住宅向けのCADソフトウェアで、プランニング、プレゼンテーション、確認申請、長期優良住宅、性能表示、見積もり、実行予算(積算)などの業務プロセスをカバーする。
本バージョンの主な特長は下記の通り。
 
●確認申請書の新様式に対応
平成27年6月1日に施行された建築基準法施行令の一部改訂に伴う、確認申請書の新様式へ対応した。
(確認申請書の改訂された様式:「確認申請書」「計画変更確認申請書」等
●外皮面積計算出力フォーマットを追加
外皮面積計算は、部材ごとの出力の他に、方位ごとの出力が可能になった。
●外構セットを追加
エクステリア2D屋外添景の精度を改善。
また、花壇や道路のセットを新たに追加し、セット外構を利用した外観パースがよりきれいに作成可能となった。
●YKKap社の玄関引戸「れん樹」を追加
YKKap社の玄関引戸「れん樹シリーズ」を新たに105形状追加。
●バルコニーパネルを部材に追加
バルコニーパネルを部材要素として追加した事で、連続入力やバルコニー手摺壁のくり抜きが可能となり、入力が容易になった。
●Windows10に対応
 
■標準価格(税抜き)
『Super Soft Ⅱ』EXフルパック:1,570,000円
 
■問い合わせ先
株式会社 コンピュータシステム研究所
TEL:03-3350-4686
http://www.cstnet.co.jp/



グラフィソフトが『GRAPHISOFT ARCHICAD 19』をリリース

2015年9月2日 分類: CAD、BIM・CIM

グラフィソフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:コバーチ・ベンツェ)は、ARCHICAD 18の次期バージョンとして、BIMを次世代へと移行させる飛躍的なパフォーマンスの向上を実現した『GRAPHISOFT ARCHICAD 19』を9月28日に発売する。
 
グラフィソフトが『GRAPHISOFT ARCHICAD 19』をリリース
 
■製品の概要
本バージョンの主な特長は下記の通り。
 
●予測的バックグラウンド処理(特許出願中)
ユーザーの行動を予測しバックグラウンドで準備するために、未使用のコンピューターの能力を活用。
これにより、全体的なソフトウェアの応答性が格段に向上し、どんなタイプ、サイズのプロジェクトでもより高速な処理を実感することができる。
また、完全に最適化されたOpenGLエンジンにより、非常に大規模なモデルでも、スムーズ、かつ高速な3Dナビゲーションを実現した。
●作業環境の強化
・新しく実装されたタブバーで、平面図、断面図、立面図および3Dウィンドウでの迅速な視点の切り替えが可能。
・新規に追加された参照線とスナップ点が、正確な要素の作成、編集のための持続的なサポートを提供。
・材質ぺインターパレットを使用して3Dウィンドウでクリックするだけで、直感的なドラッグアンドドロップでのモデル材質の編集が可能。
・環境や既存建物などの3Dレーザー測量データをモデルにインポートできる。
・連動一覧表に層/構成要素面積をリストすることで、全ての複合構造を一覧表示できるようになった。
・寸法テキストの自動ポインタで、互いに接近している狭い構造でも寸法を読みやすく改善。また、ラベル配置がより簡単になっている。
・表示しているレイヤーのみがPDFとしてエクスポートされるように機能を強化。
●データの連携
参照モデルのワークフローを円滑にするためのIFC入出力を強化。
また国内のBIMソフトウェア企業の協力の下、IFCトランスレーターを増強し、円滑なIFCベースのコラボレーションを実現する。
●コラボレーション
BIMデータを管理する “GRAPHISOFT BIM Server™/ BIMcloud®“、BIMデータの作成ツールである”ARCHICAD®“、BIMコミュニケーションツールである”BIMx®“のそれぞれが強化され、統合されたBIMコラボレーションを実現する。
 
また、同時に主に中小の設計事務所・アトリエ事務所等をターゲットとした『ARCHICAD 19 Solo』、オプション製品として『MEP Modeler for ARCHICAD 19』を発売する。
 
■標準価格(税抜き)
『ARCHICAD 19』レギュラー版(スタンドアロン版/ネットワーク版):720,000円
『ARCHICAD 19 Solo』:295,000円
『MEP Modeler for ARCHICAD 19』:89,800円(VIP会員価格:49,800円)
 
■問い合わせ先
グラフィソフトジャパン株式会社
TEL:03-5545-3800
http://www.graphisoft.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会