建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 2008年2月 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

平成20年4月施行新経審に対応したバージョンアップ製品を発売

2008年2月27日 分類: 建設共通

あさかわシステムズは、経営事項審査シミュレーションソフト「経審マスター」の最新版で、この4月から大幅に改正される新経営事項審査に対応した「経審マスター Ver5.0」を開発、基本機能を搭載した「緊急対応版」の発売を2月29日より発売する。
「経審マスター Ver5.0」は、平成11年以来の大改正となる経営事項審査制度にいち早く対応した最新バージョン。今回の緊急対応版は、4月から始まる改正新経審による申請に備え、評点計算機能などの基本機能を搭載し販売するもの。各種シミュレーションや申請書等の従来の機能を備えた製品については4月下旬から5月上旬の出荷を予定しており、緊急対応版を購入したユーザーには無償で提供するとしている。写真は、経審マスター Ver4.2の経営状況登録画面。
 


■価格
 最新バージョン(Ver4.1またはVer4.2)からのバージョンアップ価格
 21,000円
 Ver4.0からのバージョンアップ価格
 26,250円
 それ以外のバージョンから
 31,500円
 ※税込
■問い合わせ先
 あさかわシステムズ
 TEL 072-464-7831 FAX 072-464-7773
 http://www.a-sk.co.jp/


 



Co2削減管理ソフト新発売

2008年2月19日 分類: 建設共通

ニシノ建設管理は、土木工事の二酸化炭素(Co2)排出量算定ソフトウエア「カットCo2リカバリー」 を販売した。開発元のシステム販売を手がけるビーコスと関東地区の販売代理店契約を結んだもの。使用方法は、当該工事の積算資料をもとに「積算基準」に基づいて積算することにより自動的に当該工事のCo2排出量を算出するというもの(写真:参照)。算出結果をもとにCo2削減をシミュレーションし、目標設定を行う。建設機械の使用燃料の管理も行うことができ、省エネ対策にも対応。同社では、公共土木工事の技術提案に取り入れることによる総合評価の加点などに係わり同ソフトの導入を提案している。
 


■問い合わせ先
 ニシノ建設管理
 http://www.nishino-kkanri.co.jp/


 



建設工事の受発注をマッチングするサイト「建サク」

2008年2月5日 分類: 建設共通

株式会社 koco.ccをはじめとする全国の建設会社7社は、一般家庭のリフォーム工事から土木工事までのすべての建設工事の受発注をマッチングするサイト「建サク」(http://www.ken-saku.jp/)のサービス提供を開始した。
 
建設工事マッチングサイト「建サク」

 
建サクを利用することにより、これまでの垂直的な重層構造である建設業界にくさびを打ち込み、取引関係のなかった元請の工事、あるいは直接の受発注など効率的な建設取引を実現できるという。
 
建設工事マッチングサイト建サク
建サクは会員制だが、受発注者ともに会員登録ならびに工事情報の掲載・閲覧は無料。
具体的な詳細情報を開示した時点で、双方に工事金額の1%の手数料が必要となる仕組み。
2007年7月より愛知・三重地区において施行が開始され、約260社が登録し、10件程度の契約をマッチングに成功。
今後1年間で、10万社の登録、1万件の成約を目指す。
 
■問合せ先
kodo.cc
http://www.ken-saku.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会