建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 5年保証でIP68のエコな回転レーザー『Leica Rugby 800』シリーズ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

5年保証でIP68のエコな回転レーザー『Leica Rugby 800』シリーズ

2013年6月25日 分類: 共通資材・工法

ライカ ジオシステムズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:棚橋 有三)は、5年保証でIP68のエコな回転レーザー『Leica Rugby 800』シリーズ4機種を5月31日に発売した。

Leica Rugby 800

■製品の概要
建設施工現場で、土地や建造物の水平がとれているか確認する。
本シリーズの主な特長は下記の通り。

1.レーザー発光部分が動いて、受光器を探知
新たに登場した「スマートターゲット機能」により、勾配の終端に受光器を据えれば、自動的にレーザー発光部分が動いて、受光器の中心部を探す。任意の場所に受光器を据え、傾斜や水平ラインの位置だしが可能。
さらに「スマートロック機能」により、受光器を動かしても、リアルタイムで中心部を追尾する。

2.IP68をクリアした高い耐久性
水・ほこりの最高基準である米国ミリタリー・グレードMIL 規格の認証を取得し、さらにIP68をクリア。
急な豪雨、水たまりへの落下、転倒など、過酷な現場でも使用が可能。

3.エコ電源
ゴミを増やさないこと、限りある資源を有効に使うこと。
この目的のもと、電源はリチウムイオン充電池を標準仕様とした。
オプションで、屋外でのソーラー充電、車内充電も可能。
(アルカリ乾電池での使用も可能)

4.5年保証および2年間ノックダウン保証
購入後、8週間以内に同社HPから登録した場合、5年間の保証期間を設けている(登録がない場合は、2年間)。
さらに最初の2年間は、転倒を含む、機械内部の自動整準システム故障は無償修理となる。

5.受光器はデジタル数値読取
受光器も刷新し、中心までの距離があと何mmなのかを数値で読み取ることが可能。

■問合せ先
ライカ ジオシステムズ株式会社 ツールズ事業部
TEL:03-5940-3101
http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会