建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> LIXILが外付スクリーン『スタイルシェード』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

LIXILが外付スクリーン『スタイルシェード』を発売

2013年6月3日 分類: 住宅建材

株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長: 藤森 義明)は、日射遮蔽商品の外付スクリーン『スタイルシェード』をトステムブランドから6月1日に発売した。

スタイルシェード

■製品の概要
太陽の熱を窓の外側で効果的に遮る、現代版の“すだれ”や“よしず”ともいえる外付スクリーン。
女性を中心としたチームで企画開発され、女性らしい細やかな配慮が操作性やシェードの素材選定に反映されている。
シェードの収納は自動的にブレーキがかかりゆっくりと静かに収納される方式の「オトノン」を採用。気になる操作音を約50dBと静かな事務所レベルに抑え、収納時の操作音で周辺への騒音を気にする心配がない。
また、シェードの出し入れの際につかむボトムバーは、指あたりのやさしい丸みをつけた形状にこだわり、女性や子供でもつかみやすく楽に操作が可能。
さらに、生地は素材から見直し、耐候性に優れた新開発の同社オリジナル糸を採用。汚れた場合でも、網戸と同じように気軽に手入れができるうえ、生地のみの交換も可能。
シェードのカラーは、住宅外観になじみやすい彩度を抑えたやさしい色合いのナチュラルグリーン・シックベージュ・スタイリッシュグレーの3色をラインナップしている。

設置スタイルに、従来品に採用されている日差しを遮る効果の高い「フック固定タイプ」のほか、バルコニーの手すりにシェードを掛け、横からの風を取り込む「手すり固定タイプ」、デッキやコンクリートの床にシェードを固定し庭先に日陰空間をつくる「デッキ固定タイプ」を新たに用意している。
また、窓のフレームや壁に穴をあけずにわずか約10分で取付けができる画期的な取り付け方式「アナノン」を新開発。窓の縦枠形状や外壁の厚さが対応可能範囲内であれば、どのメーカーの窓でも挟み込み式の金具で取り付けることができ、手軽にリフォームすることが可能。

■参考価格(税込み)
28,875円
※フック固定タイプ 幅1,820mm×高さ2,110mmの場合

■問合せ先
株式会社 LIXIL
TEL:0120-126-001
http://www.lixil.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会