建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 劣化による電池容量の低下が少ない『住宅用定置型リチウムイオン蓄電池システム』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

劣化による電池容量の低下が少ない『住宅用定置型リチウムイオン蓄電池システム』

2013年1月30日 分類: 住宅設備機器

シャープ株式会社(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:奥田 隆司)は、長期間使用しても劣化による電池容量の低下が少なく、非常時にも安心して使用できる『住宅用定置型リチウムイオン蓄電池システム』2機種を発売する。

住宅用定置型リチウムイオン蓄電池システム

■製品の概要
満充放電を8000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持する高性能リチウムイオン蓄電池セルを搭載し、長期間安定して運転可能。
同社製太陽光発電システムと連携し、停電時は夜間や雨天でも日中に充電した電力を使用することができる。また、曇天時など発電量が消費電力量を下回る場合も、本システムが不足する電力を補うことで、過負荷による太陽光発電システムの運転停止を防ぐことが可能。
さらに、電力見える化システム(HEMS)と連携し、HEMS専用タブレット端末を使って、蓄電池残量に応じた家電機器の使用可能目安時間を確認することができる。

■問合せ先
シャープ株式会社
http://www.sharp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会