建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 既存枠を利用してドアを耐震化する工法『未来 守くんSMシリーズ』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

既存枠を利用してドアを耐震化する工法『未来 守くんSMシリーズ』

2012年8月1日 分類: 住宅建材

株式会社 モリテック・インターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役:大庭 直己)は、既存枠を利用してドアを耐震化する工法『未来 守くんSMシリーズ』を発売した。

未来 守くんSMシリーズ

■工法の概要
既存枠を利用してドアを交換するだけで面内変形1/20の耐震性を実現し、短時間に「対震ドア」にリニューアルできる。加えて、断熱H-4等級、気密A-3等級、遮音T-2等級、CP認定の防犯性などの諸性能を備えている。今回、両面フラッシュドアのリニューアルや新築工事にも使用できる新デザインのSMシリーズが追加された。

■問合せ先
株式会社 モリテック・インターナショナル
TEL 03-5297-2450
http://www.moritec-intl.com/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会