建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 移設可能なアルミ製ミニマル居住ユニット『t2』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

移設可能なアルミ製ミニマル居住ユニット『t2』

2012年8月1日 分類: 共通資材・工法

SUS株式会社(本社:静岡市駿河区、代表取締役社長:石田 保夫)は、移設可能なアルミ製ミニマル居住ユニット『t2』を発売した。

t2

■製品の概要
リユース・リサイクル性の高いアルミの素材特性を居住空間に活用し、かつ移設や移動の容易さ、そして自由度の高さを兼ね備えたミニマル居住ユニット。環境の変化に合わせ移設や移動を繰り返しながら居住するという新しい生活スタイルを提案している。
外形寸法は幅2,280mm×長さ3,870mm×高さ2,370mm で、居室部が約8m2という最小限の居住ユニットながら、シャワー、トイレ、ベッド、キッチン、テレビ、エアコンなど居住に必要な機能を標準搭載している。コンテナやトラックに積んで運搬でき、現地に運搬してクレーンで吊り上げ、レール上を移動して鉄骨フレームに固定するだけ。組立工事から内装工事までを一貫して工場で行い、現場では内装工事は一切不要。
2002年に建築基準法でアルミが構造材として認可されて以後、アルミ構造の設計例は徐々に増えている。何より軽量であり、耐食性や耐候性に優れ、一般的なボルト・ナットによる接合のため、ユニットを取り外して別の場所で繰り返し使用できるなど、長期的な視点でコスト削減に貢献する。一方、熱伝導率が高く結露の懸念があることから、アルミ高気密高断熱ウレタン発泡パネル構造を開発し、高い居住性を実現している。
同社は鉄骨造骨組と居住ユニットをシステム化して提供する。

■問合せ先
SUS株式会社
TEL 03-5652-2395
http://www.sus.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会