建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 外壁の剥落防止と外断熱を一体化した工法『エクセル外断熱ピンネット工法』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

外壁の剥落防止と外断熱を一体化した工法『エクセル外断熱ピンネット工法』

2012年8月1日 分類: 建築資材・工法

東邦レオ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:橘 俊夫)は、外壁の剥落防止と外断熱を一体化した工法『エクセル外断熱ピンネット工法』を発売した。

エクセル外断熱ピンネット工法

■工法の概要
東日本大震災では、被災地の仙台市はもとより東京都内でも、建築物の外壁タイルが落下する事例が報告されている。加えて、夏冬の電力不足が深刻化する中にあって、建築物にはさらなる省エネ性能の向上が求められている。
こうした状況を受け、建築物の外壁タイルの剥落防止と外断熱による省エネルギー向上を、低コストで同時に実現するリニューアル工法が開発・実用化された。
外壁タイルの剥落を予防するピンネット工法は、既存外壁のタイル貼り面を繊維ネットとポリマーセメントモルタルで被覆し、専用アンカーピンを躯体コンクリートに打ち込むことで、浮きや剥離の生じた既存の外壁タイル貼り層を全面的に固定し一体化する工法。タイルを撤去する必要がないため低コストで、廃材の発生を極力抑えられる。この上にEPS断熱材を接着して全体を断熱材で覆い、ガラスメッシュを含むベースコートを塗布し、フィニッシュコートで仕上げる外断熱工法である。
コンクリート躯体の表面は年間60℃程度の温度差を受けるが、コンクリートを外側から断熱することで15℃内外に低減でき、室内の温度が安定する。内断熱に比べて一般的に約3割程度の節電を実現でき、補助金利用も可能である。

■参考価格(税抜き)
15,000円~/m2
※材工共/下地処理・仮設を含まない

■問合せ先
東邦レオ株式会社
TEL 03-5907-5600
http://www.ecopro.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会