建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 接着性を改善した橋梁床版用防水材『コニブリッジ・システム』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

接着性を改善した橋梁床版用防水材『コニブリッジ・システム』

2012年2月1日 分類: 建築資材・工法

BASFポゾリス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:窪田 浩三)は、接着性を改善した橋梁床版用防水材『コニブリッジ・システム』を発売した。

コニブリッジ・システム

■製品の概要
ヨーロッパでは30年以上の実績のあるドイツ連邦道路局規格ZTV-BEL-B Teil3に認可された橋梁床版用ポリウレタン系防水材をベースとして、接着性能を改良した新工法。接着剤とポリウレタン樹脂との組合せによる入念な試験を繰り返した結果、接着剤にアスファルト舗装と同質の素材を用いることで、舗装と床版防水システムが剥がれにくい確実な接着性能を実現する。
吹付けポリウレタン樹脂系防水材・接着強化バインダー(ポリウレタン系)・舗装接着剤(特殊改質アスファルト)の3層ハイブリッド構造を持つ。耐久性30年対応を基準とした「NEXCO設計要領第二橋梁建設編床版防水に対する要求性能を満たす防水システム基準」(2011年7月)に適合し、日本全地域に適用できる。
アスファルト舗装基層の改修時は舗装接着剤が加熱により再融解し、健全な防水層を存置できるためライフサイクルを改善する。

■問合せ先
BASFポゾリス株式会社
TEL 03-3796-9886
http://www.pozzolith.basf.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会