建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> フィルムと空気層の多層構造による窓用断熱材『エアサンドイッチ』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

フィルムと空気層の多層構造による窓用断熱材『エアサンドイッチ』

2012年2月1日 分類: 建築資材・工法

積水テクノ成型株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:出原 幹也)は、フィルムと空気層の多層構造による窓用断熱材『エアサンドイッチ』を発売した。

エアサンドイッチ

■製品の概要
建物のエネルギーロスの30~50%は開口部が占めると言われ、窓の断熱リフォームはかねてより課題となっている。法人や公共施設関係の需要だけでも国内で900億円/年という市場規模が存在すると見られる。
「エアサンドイッチ」はガラス窓における熱の出入りを抑えるためにガラスに直接設置する、採光性を備えた窓用断熱材。空気を活用した断熱に着目し、独自のフィルム関連技術を活用することで、採光性のある複数のフィルムと空気層の多層構造(世界初)によりペアガラスや内窓並みの断熱・遮熱を可能にする。積水化学工業がNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成を受けて商品化したもので、製造・販売は積水テクノ成型が行う。
2.9W/m2Kという優れた熱貫流率によりペアガラス並みの断熱効果を発揮し、遮熱フィルムにはない冬場の断熱効果も期待できる。冬の暖房電力は30~60%削減でき、結露の原因となるコールドドラフト現象を緩和する。夏場は日射を40%カットし、ピーク時冷房電力を最大25%削減する。
軽量で、既存ガラスの内側からコーキングや両面テープで簡単に施工できる。大面積のガラス窓にも対応可能。標準断熱タイプの5層4mm厚と、高断熱タイプの5層6mm厚の2種類がある。

■問合せ先
積水テクノ成型株式会社
TEL 03-5521-0738
http://sekisui-techno-molding.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会