建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> トーソーがロールスクリーンの新製品を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

トーソーがロールスクリーンの新製品を発売

2012年9月27日 分類: 住宅建材

トーソー株式会社(本社:東京都中央区、社長:大槻 保人)は、ロールスクリーンの新製品各種を10月1日に発売する。

ロールスクリーン

■製品の概要
省エネスクリーンや柄物プリントなどの新柄や小窓用機種を追加し、ロールスクリーンの品揃えを強化。
追加される各製品の概要は下記の通り。

1.新柄スクリーン13シリーズ72色追加、全363色の品揃えに拡大
・遮熱スクリーン『トリアス』
 透過度が異なる3つのシリーズが登場。
 全シリーズとも遮熱糸を生地に織り込むことで遮熱性能を発揮する。
 各シリーズ15色をラインナップし「透過度」「カラー」「遮熱性能」の3つの要素から使用シーンに応じて選ぶことが可能。

・柄物プリントスクリーン
 植物柄や幾何学模様、ストライプなど、5シリーズ合計9色を拡充。

・ナチュラルスクリーン
 自然で柔らかい質感が窓辺に優しい印象を与える、すだれ調スクリーン。
 3シリーズ合計8色をラインナップ。

・調光スクリーン『ビジック』専用スクリーン
 ドレープとレース、ふたつの顔をもつ調光スクリーン。
 鮮やかなカラーやモダンテイストの新シリーズ2種、合計10色を追加。

2.メカラインナップ追加
・『マイテックループ小窓/マイテックループ小窓浴室/ビジック小窓』
 縦長のスリット窓など幅の狭い窓に最適なコンパクト設計のメカを採用。
 製品幅100mmから製作可能で、従来の製品では取り付けできなかったスリムな窓にもすっきりと収めることが可能。また、最大幅1,200m/最大高さ2,400mmまで製作でき、小窓にとどまらず、腰高窓のような中型サイズの窓まで幅広く使用できる。

・『マイテックデコラ』
 デザイン性の高いヘッドボックスを標準装備した機種。
 メカ部分がヘッドボックスで覆われているので、見た目にも美しい印象となる。
 ヘッドボックスの色はホワイト(標準カラー)の他、ブラウンや木目調との組み合わせなど合計6色から選択可能。

■問合せ先
トーソー株式会社
http://www.toso.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会