建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 鉄骨はり貫通部用の薄型熱膨張性耐火被覆材『すりーぶたすけ』が発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

鉄骨はり貫通部用の薄型熱膨張性耐火被覆材『すりーぶたすけ』が発売

2012年8月6日 分類: 共通資材・工法

日本インシュレーション株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:大橋 健一)は、鉄骨はり一般部を吹付けロックウールで耐火被覆する際の、貫通孔部専用の薄型耐火被覆材である『すりーぶたすけ』を発売した。

すりーぶたすけ

■製品の概要
熱膨張性耐火ゴムシート(加熱によって発泡し断熱)を利用。貫通孔部について、吹付けロックウールで施工する場合の被覆厚さ25mmに対し、本商品では約1/4のわずか6mmの被覆厚さで耐火性能を確保可能。被覆厚を薄くできる分、貫通孔部を広く取れるなどの設計利点をもたらす。配管径に合わせて、はり貫通孔の径を調整する場合は径を小さくでき、はりの構造強度低下を抑制できる。補強プレートで構造強度を補強する場合は、補強材のサイズダウン等によりコストを低減可能。貫通部Dの径にあわせて鉄骨はり寸法を検討するような場合は、スリーブ貫通孔部分の耐火被覆厚さを薄くでき、はりせいを小さくできる。

■問合せ先
日本インシュレーション株式会社
TEL:03-3553-7531
http://www.jic-bestork.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会