建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ニチベイが高遮蔽よこ型ブラインドをモデルチェンジし新発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ニチベイが高遮蔽よこ型ブラインドをモデルチェンジし新発売

2012年7月30日 分類: 住宅建材

株式会社 ニチベイ(本社:東京都中央区、社長:福岡 勇之輔)は、高遮蔽よこ型ブラインド『ユニコンモア25高遮蔽タイプ』『ユニタッチ25高遮蔽タイプ』『テクニスト25高遮蔽タイプ』をそれぞれモデルチェンジし、新たに35ミリ幅スラットを追加して7月17日に発売した。

高遮蔽よこ型ブラインド

■製品の概要
各製品のタイプは下記の通り。

『ユニコンモア高遮蔽タイプ』
昇降と調光を1本のコードに集約。リーズナブルなスタンダードタイプ。
『ユニタッチ高遮蔽タイプ』
ワンタッチでゆっくり自動降下。多数のブラインドが設置された連窓に適している。
『テクニスト高遮蔽タイプ』
最大255台と、多数のブラインドを制御できる電動ブラインド。

各製品とも、従来の25ミリ幅のスラット(はね)に加え、新たに35ミリ幅のスラットをラインナップ。昇降コード穴の無い25・35ミリ幅スラットの採用に加え、スラット同士の重なり幅も大きい為、遮蔽性能が従来のブラインドに比べて向上(日射遮蔽性能は17%以上、断熱性能は70%以上)した。さらに、昇降コードを抜くことなくスラット交換ができ、利便性が高まった。

一般のスラットに比べ高い日射反射性能を持つ遮熱スラットが全42色。汚れに強い酸化チタンコート遮熱スラットが全15色(25ミリ幅スラットのみ適応)、フッ素コート遮熱スラットが全15色(25ミリ幅スラットのみ適応)と豊富なバリエーションを揃えた。また、両サイドと下部にオプションのフレームをつけることにより、更に遮蔽性を高めることが可能。
また、ブラインドを取り付けた状態のままで高さ調整を、マイナスドライバーなどで簡単に微調整できる機構を搭載している。ブラインドの操作位置も、左右どちら側でも切替可能とし、使い勝手を向上させている。
高さ最大430cmまで制作可能となり、広い開口部にも対応可能となった。

■問合せ先
株式会社 ニチベイ
http://www.nichi-bei.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会