建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 業界初 ガラス接着技術を導入したアルミ樹脂複合窓 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

業界初 ガラス接着技術を導入したアルミ樹脂複合窓

2010年11月12日 分類: 住宅建材

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉田忠裕)は、戸建て住宅用アルミ樹脂複合窓『APW310』を11月1日より東北・関東・甲信越地方で発売、来春より全国で発売する。
APW310
■製品の概要
室外側にアルミ形材、室内側に樹脂形材を組合せたアルミ樹脂複合フレームとLow-E複層ガラスで構成された、高い断熱性・耐久性・意匠性をもつ窓。
住宅用アルミ窓で業界初のガラス接着技術を導入し、フレームとガラスを全周にわたり接着することで障子の剛性を上げ、強度や水密性といった窓としての性能を高めるのはもちろん、外観はアルミの質感を生かしたシャープでシンプル、かつフラットな意匠性を実現している。内観は樹脂素材のもつあたたかさや柔らかさに加え、高い防露性を備えている。
■参考価格(税別)
片上げ下げ窓 幅640mm×高さ1170mm(3+A16+3mm Low-E複層ガラス)
44,205円
■問合せ先
YKK AP株式会社
http://www.ykkap.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会