建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 既存枠を残したまま浴室折戸へ交換可能なアタッチメント枠 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

既存枠を残したまま浴室折戸へ交換可能なアタッチメント枠

2010年5月6日 分類: 住宅建材

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉田 忠裕)は、浴室出入口「サニセーフII」折戸Sタイプに『リフォーム枠』を5月6日より発売する。
サニセーフII
■製品の概要
既存の浴室ドア・浴室折戸の既存枠を残したままアタッチメント枠を取り付けることで新しい折戸に交換できる製品。
簡易的に上下アタッチメントとAT材を交換する上下アタッチメント工法用と、ドアの丁番あとなどを隠しやすい四方アタッチメント工法用の2種類のリフォーム枠が用意されている。
■主なサイズ・標準価格(税別)
W739mm H1827mm
※現場の納まりによりサイズオーダー対応
上下アタッチメント工法用 36,750円
四方アタッチメント工法用 38,850円
■問合せ先
YKK AP株式会社
http://www.ykkap.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会