建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 屋上庭園 セルフ・プロデュース型のパッケージ発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

屋上庭園 セルフ・プロデュース型のパッケージ発売

2009年3月23日 分類: 外構・造園

東邦レオは、ハウスメーカー・設計事務所・建て主を対象に、戸建・集合住宅の屋上緑化を低コストで実現するセルフ・プロデュース型の屋上庭園パッケージ「エコフィールド・ライト」を3月18日に発売した。手軽に低コストで屋上緑化を導入できるもので、同社の過去の実例を検証し、建て主の要望が高く、住宅にも利用が可能な緑化システムやウッドデッキなどのアイテムを厳選。新たにパッケージ化することで、必要経費を抑えて低コスト化を図るセルフ・プロデュース型の屋上庭園サービスを開始することになったもの。
建て主は、楽しみの1つである庭園のデザインを直接、簡単に選べるようになった。専用のデザインシートをもとに、屋上緑化システム(3種類)、フレーム(土囲い)、ウッドデッキといった基本項目やオプションの自動水やりシステム、可動式プランター、野菜用マウンド、日よけのターフなどを組み合わせることでオリジナルの庭園を実現。建て主のデザインプランの技術確認と工事を同社が担当。平均的な個人住宅の屋上(30?程度)であれば、工事期間は約3日と顧客の負担を極力 抑えることができるとしている。通常のオーダーメイドプランに比べ、4割安の低コスト化を実現したという。

■価格
 29,500円〜/?
 ※首都圏価格。荷揚げ費用は別途。
■問い合わせ先
 東邦レオ
 http://www.toho-leo.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会