建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ソフト 3次元建築設計システムをバージョンアップ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ソフト 3次元建築設計システムをバージョンアップ

2008年12月13日 分類: その他

福井コンピュータは、CG・リノベーション・住宅履歴を支援する「ARCHITREND Z」Ver.4を12月17日より発売する。同システムの新機能は、?誰でも手軽に高品質のパースを作成できる「パース作成ウイザード機能」搭載:ウイザードに沿って入力するだけ、昼、夕、夜の環境変化にも自動対応、?風の計算で快適な暮らしを見える化する新「風向氏ミューレーションプログラム」発売:地域や建具等の条件を考慮して、風の向き・強さをビジュアル表示、?上下階の耐力壁バランスを一目で確認が可能となる「軸組モニタ」を搭載:平面だけでなく、断面での筋交い検討が可能となった、?ストック方社会への移行を見据えた「リノベーションプログラム」発売、?現地調査図から図面を自動作成する、業界初の「内法寸法入力機能」搭載:内法寸法を入力するだけで、現況図を自動作成、?設定や運用開始時の操作に関する悩みを解消する「ナビによる誘導機能」搭載、?その他新オプションを追加。

■価格
 基本プログラム
 平面図 420,000円〜
 住宅履歴管理セット 231,000円〜
 オプションプログラム
 風向シミュレーションプログラム 210,000円
 リノベーションプログラム 157,500円
 ARCHITREND Z 2×4構造計算プログラム 315,000円
 ※税込
■問い合わせ先
 福井コンピュータ
 http://www1.fukuicompu.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会