建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 調湿建材 内装タイルが建産協の「調質建材登録・表示制度」に登録 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

調湿建材 内装タイルが建産協の「調質建材登録・表示制度」に登録

2008年6月19日 分類: 住宅建材

名古屋モザイク工業は、同社の調湿内装仕上げ材「エージープラス」が、日本建材・住宅設備産業協会(建産協)の制定した「調湿建材登録・表示制度」の審査に合格し、登録されたと発表した。登録日:2008年5月28日、登録番号:TO8-0010。調湿建材登録・表示制度は、建産協が一定基準以上の調湿性能を証明し、製品やカタログに認定マークの表示を認めるもの。室内の湿度を調整する機能がある建材(調湿建材)に客観的な評価を行い、一定以上の性能を有する製品を登録し、水準に達しない建材に対しその優劣がユーザーに判り易くすることを目的にスタートしたもの(同社HPによる)。
エージープラスとは、ALC粉末(二次利用)と二酸化炭素から生まれた、地球環境に優しい建材。室内の快適さを守る「調湿性能」、空気中のホルムアルデヒドなどの「有害物質吸着性能」、さらに銀イオン(Ag+)の力により「消臭・抗菌・抗カビ性能」を持たせた健康志向の内装タイル。
なごやもざいくこお



■問い合わせ先
 名古屋モザイク工業
 http://www.nagoya-mosaic.co.jp/
 建産協ホームページ
 http://www.kensankyo.org/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会