建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 防音室 簡易組立の規格型ボックスタイプをモデルチェンジ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

防音室 簡易組立の規格型ボックスタイプをモデルチェンジ

2008年5月27日 分類: 住宅建材

ヤマハは、簡易組立の規格型タイプのヤマハ防音室「アビテックス セフィーネ」のボックスタイプのシリーズのモデルチェンジを行い、新シリーズアビテックス「セフィーネIIボックスタイプ」として10タイプを6月1日から発売する。今回のモデルチェンジは、主に管楽器や弦楽器の演奏室、声楽の練習室としての利用が主流となっている1.5畳以下のボックスタイプの防音室についても全面改良したもの。広さのバリエーションは0.8畳タイプ、1.2畳タイプ、1.5畳タイプの3段階から、壁の高さは2,000mm(Hタイプ)、2,200mm(Cタイプ)の2タイプからそれぞれ選択でき、遮音性能(注)も2タイプ用意。ルームタイプの技術を応用して、階下への遮音性能強化や音場パネルの改良、組み立て時間の短縮などを行っているとしている。


■問い合わせ先
 ヤマハ 防音事業推進部
 TEL 053-460-2605
 http://www.yamaha.co.jp/index.html



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会