建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 塗料 ドイツ生まれの屋内壁・天井向け水性塗料輸入発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

塗料 ドイツ生まれの屋内壁・天井向け水性塗料輸入発売

2008年2月8日 分類: 共通資材・工法

キャピタルペイントは、ドイツ・Meffert AG Farbwerke(メファート社)がDIY向けに販売している水性塗料「düfa(デューファ)」を輸入販売した。用途は、屋内壁・天井向け。ドイツ国内では、壁紙には日本のように塩化ビニル製のものは使用せず、木材チップを混合した紙製の塗装下地壁紙を使用しているという。リフォームやメンテナンス時に約10回の再塗装が可能であり、壁紙を張替え廃棄することなくゴミの減量に役立つという、環境に配慮した常識だとしている。本製品には、VOCを含まず、水性塗料によく用いられるアクリル樹脂を使っていないので、臭気がほとんどない。ドイツにおけるエコマーク「ブルーエンジェル」を取得しており、環境や人体に有害な物質への対処を評価されているもの。一般のユーザーも簡単に塗装できる、塗りやすい塗料となっている。種類は、D422 Mattlatex plus(マットラテックス プラス)写真とD424 Seidenlatex plus(セイデンラテックス プラス)の2種。塗装下地壁紙へはそのまま塗装。旧塗膜上への塗装は軽い研磨でそのまま塗装をする事ができ、石膏や木材などの吸収素材へ塗装する場合は、下塗り剤「D314 Tiefgrund LF」が必要だとしている。
でゅふぁ

■問い合わせ先
 キャピタルペイント
 http://www8.ocn.ne.jp/~capital/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会