建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> レーザー距離計『Leica DISTO』シリーズの新機種などが発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

レーザー距離計『Leica DISTO』シリーズの新機種などが発売

2012年5月30日 分類: 建設機械・工具

ライカ ジオシステムズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:棚橋 有三)は、『Leica DISTO』シリーズの新機種『Leica DISTO X310』『Leica DISTO D210』の2種、および『Leica 3D Disto』を発売する。
 
Leica.jpg
 
 
■製品の概要
 
各製品の概要は下記の通り。
 
『Leica DISTO X310』
塵埃・噴流から製品を保護し、2mからの落下にも耐えうるIP65仕様のレーザー距離計。
360℃チルトセンサーを内臓し、手の届かないところの高さや距離を上下2点の測定により間接的に算出することが可能。
また、レーザー距離計の新国際規格「ISO 16331-1」を取得済み。
 
『Leica DISTO D210』
人間工学に基づいたコンパクトで持ちやすいデザインのレーザー距離計。
距離測定以外にも、面積体積の測定や加算減算機能など多くの機能を搭載し、複雑な形状の場所でも正確な測定が可能。
また、レーザー距離計の新国際規格「ISO 16331-1」を取得済み。
 
『Leica 3D Disto』
距離と角度を測定することにより、測定ポイントの正確な位置情報(XYZの3座標)の把握や、測定対象の写真撮影・自動スキャンが可能。1度の測定で、既存の天井・床・屋根などの長さ・高さ・角度、面積や容積などの情報を容易に測定することができる。
測定データはDXF・TXT・CSV・JPG形式で外部出力ができる為、測定結果のデータ転記や入力作業を省くことが可能。
 
 
■問合せ先
 
ライカ ジオシステムズ株式会社
 
http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会