建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 溶接を用いず無火気で安全な業界初の新工法 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

溶接を用いず無火気で安全な業界初の新工法

2011年2月4日 分類: 建築資材・工法

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:吉田 忠裕)は、鉄筋コンクリート構造建築物(RC造)のサッシ施工時に、溶接を用いずに無火気で躯体に固定する『非溶接工法』を開発し、受注を開始した。
 
非溶接工法
 
 
■工法の概要
 
粘性のある高強度樹脂剤の硬化による接合方式を用いた業界初の新工法(特許出願中)。ビル用サッシ施工で一般的なアーク溶接での問題点を全面的に改善し、「無火気のため火災リスクゼロ」「雨天時でも作業可能で工程管理が容易」といった点が特長である。
常温の場合5分程度で硬化するため施工性に優れており、またこれまで必要だった埋込みアンカーや鉄筋材、電源が不要となるため、資材削減にも貢献する。さらに電力の使用や溶接時に発生する有害物質もなく、環境にも配慮した工法である。
 
 
■問合せ先
 
YKK AP株式会社
 
http://www.ykkap.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会