建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 屋根防水 鉄骨造新築工事向け新工法開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

屋根防水 鉄骨造新築工事向け新工法開発

2008年9月5日 分類: 建築資材・工法

アーキヤマデは、同社の防水システム「リベットルーフ防水」に、耐火断熱パネル下地シート防水工法「リベットルーフNPシステム」を開発、販売を開始した。同製品は金属下地のデッキプレートと断熱パネルが一枚になった耐火断熱パネル「FLボードNP」の上に、シート防水を敷設するもの。特長は、①軽量な屋根構造で全体のコストダウン:従来のLCS工法と比べ更に軽量な屋根が構築できる。梁、柱などが軽減でき、室内空間も広く有効な活用が可能。②サンドイッチパネルによる工期短縮と施工性向上:あらかじめ鋼板が積層されている断熱パネルの使用により、工期の短縮が図れる。断熱材の踏み割れ、踏抜き事故もない。③屋根30分耐火認定を取得:FLボードNPは、屋根30分耐火試験合格の耐火仕様。屋根30分耐火認定:FP030RF-0140。鉄骨造新築工事に有効な屋根システムであるとしており、工場・配送センター・倉庫・ショッピングセンター・スポーツ施設等が対象。
 

■価格
 設計価格(材工共)
 NPシステム接着工法 
 14,750円/m2
 NPシステムアンカー固定工法 
 16,950円/m2
 但し、FLボードNPは参考価格8,150円m2
 ※税抜
■アーキヤマデ
 http://www.a-yamade.co.jp/index.html


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会