建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 雑草防止材 雑草の発生と生育をダブルブロックする新製品発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

雑草防止材 雑草の発生と生育をダブルブロックする新製品発売

2008年9月5日 分類: 土木資材・工法

東邦レオは、道路の中央分離帯や公園、建築物の外構などを対象に、雑草抑制効果が高く景観性に優れた埋設型雑草防止材「グリーンプレート」を開発、9月3日より発売した。現在の雑草対策は、シート等で土壌の表面を覆うマルチング材が主流となっているが、景観性向上のため、地表面にマルチング材が見えない形で雑草防除をしたいというニーズが生まれていることに応えたもの。
ちなみに東京都は「緑の東京10年プロジェクト」(2007年6月発表)により、今後10年間で新たに1,000ヘクタールの緑(サッカー場1,500面)を創出する目標を掲げ、緑地の急速な拡大が見込まれる一方、管理コスト低減が改めて課題となっているという。中でも大きなウェイトを占めるものに雑草除草費があり、除草をせず草を繁茂させると、交通障害や、鬱蒼としたマイナスの印象を周囲に与える等の問題が起きていた。
現地の土を使用すれば、低コストで自然な景観を維持しつつ、除草の手間がかからない緑地となります。また、玉砂利等を敷き詰めたより美しい景観や、剪定チップ等のリサイクル資材活用の場として、環境に配慮した緑地を実現することも可能だとしている。
道路の中央分離帯や公園、建築物外構等の草花・低木類に適しており、新規工事や改修時に設置する。
 

■価格
 1,700円~
 ※材料費
■問い合わせ先
 東邦レオ
 TEL 03-5907-5502
  http://www.toho-leo.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会