建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 建設用仮設資材管理にUHF帯ICタグを導入 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

建設用仮設資材管理にUHF帯ICタグを導入

2008年7月22日 分類: 共通資材・工法

キョーワと凸版・フォームズ、日本アールエフソリューションは、共同でUHF帯ICタグを活用した建設用仮設資材管理の仕組みを開発、全国のキョーワの拠点に導入する。UHF帯ICタグの開発を凸版・フォームズが、リーダ提供及び読取環境の構築をIRFSが担当する。このシステムは、軟質素材のUHF帯ICタグをメッシュシートやネットといった資材の一つひとつに取り付けて単体管理し、リース履歴管理の精度向上と紛失ロスを低減する。UHF帯リーダライタによるICタグの一括読取により、入出庫の大幅な作業効率化を実現す。本システムの導入による効果として、?単体管理が可能になることで、誤出荷を防止、?貸出/返却作業時の一括読取で、作業効率が大幅に向上、?未返却レンタル商材を特定することで、貸出先への返却要請、紛失時の補償が可能。
 
とっぱちゃ
■問い合わせ先
 キョーワ
 TEL 03-3669-7858
 http://www.kyowa-inc.co.jp/
 トッパン・フォームズ
 TEL 03-6253-5730
 http://www.toppan-f.co.jp/
 日本アールエフソリューション
 TEL 03-5733-2888
 http://www.irfs-rfid.com/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会