建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 非常用・防災用自家発電設備 操作性と保守性を向上させた新シリーズ発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

非常用・防災用自家発電設備 操作性と保守性を向上させた新シリーズ発売

2008年5月16日 分類: 電気設備資材・工法

三菱重工業と三菱電機は、ディーゼルエンジンと発電機を組み合わせた非常用・防災用自家発電設備の新シリーズとして、三菱パッケージ発電機「PG-Qシリーズ」を6月2日より発売する。消火栓や排煙設備などの防災電源として、非常用発電機を消防法令上設置が義務付けられているが、高層住宅などで保守員の確保が難しく、操作の簡便性や保守性の向上が求められていることに対応した。特長は、①新型デジタル制御盤の搭載により操作性が向上した:液晶タッチパネルを採用、表示内容は情報量を増やし、故障発生時には画面を赤色に変化させることで異常が一目でわかるようにした。手動運転時には、画面上ですべての操作が可能、②保守性の向上:自動定期保守運転機能の搭載により、自動的に3分間の保守運転を行う。オプションで遠隔監視機能を追加、等。
 


■問い合わせ先
 三菱重工業 汎用機・特車事業本部エンジン営業部
 TEL 042-761-2056
 http://www.mhi.co.jp/
 三菱電機 社会環境事業部施設環境部
 TEL 03-3218-4611
 http://www.mitsubishielectric.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会