建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 耐震補強 低騒音耐震補強工法のオープン化の対象を拡大 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

耐震補強 低騒音耐震補強工法のオープン化の対象を拡大

2007年12月6日 分類: 建築資材・工法

戸田建設は、「鋼管コッター工法」のオープン化の範囲を拡大、新たに「鉄骨造ブレース方式の耐震補強」を含めた。戸田建設は、建物の耐震化工事促進に役立てようと、昨年10月に自社以外でも施工できるよう鋼管コッター工法のオープン化を宣言、鉄筋コンクリート造耐震壁をオープン化の対象としていた。
鋼管コッター工法は、耐震補強工事において従来の「あと施工アンカー」に代わり、鉄筋コンクリート造耐震壁や鉄骨造ブレースの接合に用いる同社開発の接合工法。本工法は、円筒状の鋼管を既存躯体に埋め込む工法であり、「低振動・低騒音・少粉塵」の特性を備え環境に配慮した特許工法。日本建築総合試験所の建築技術性能証明を2003年に取得している。
 


■問い合わせ先
 戸田建設
 http://www.toda.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会