建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 非破壊検査 磁気法による「鉄筋破断診断装置」を開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

非破壊検査 磁気法による「鉄筋破断診断装置」を開発

2007年11月7日 分類: その他

四国総合研究所は、、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋破断を非破壊で検査できる磁気法による「鉄筋破断診断装置 M.EYE チェッカー」を開発した。鉄筋が、強磁性体であることを利用して、コンクリート表面から磁石で鉄筋を磁化(着磁)。 破断箇所で生じる磁束のみだれを、磁気センサーで検出して破断の有無を診断するというもの。深さ150mm程度まで鉄筋破断を検出できるとしている。診断装置は、磁気計測ユニット(写真 上)と磁石ユニット(同 下)からなる。
 




■問い合わせ先
 四国総合研究所
 http://www.ssken.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会