建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 舗装 長期保水性ブロックシステムを開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

舗装 長期保水性ブロックシステムを開発

2007年10月14日 分類: 土木資材・工法

三菱マテリアルと東京鋪装工業は、長期間の保水が可能な保水性ブロックシステム「アースクールブロック舗装システム」を共同開発し、10月より営業を開始した。「アースクールブロック舗装システム」は、ヒートアイランド対策のために保水性ブロック、導水シート、保水性路盤を一体化した舗装システムで、特徴は、①アスファルト舗装面が60度以上になる気象条件下で、アスファルト舗装に比べて表面温度を15度以上低下させることが可能、②1m²で約56リットルの保水能力、無降雨で約2週間の路面温度抑制効果が持続可能、③従来の舗装構造を大きく変える必要がなく、既設舗装の更新工事にも適用可能、等。同システムは、保水性ブロックだけでなく、ブロック下に敷き詰める路盤にも保水機能を持たせ、ブロックと路盤との間に導水シートをはさみ込むことにより、路盤に蓄積された水分も円滑にブロックに導水し、路面温度抑制効果の長期化が可能となったとしている。
 


■問い合わせ先
 三菱マテリアル
 http://www.mmc.co.jp/japanese/index.html
 東京舗装工業
 http://www.tokyohoso.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会