建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 屋上緑化 人工地盤緑化培養土を改良 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

屋上緑化 人工地盤緑化培養土を改良

2007年9月3日 分類: 土木資材・工法

鹿島建設は、人工地盤緑化培養土「ケイソイル」「草花名人」をヒートアイランド対策に向けて改良した。「ケイソイル」「草花名人」は、保水力の高いパーライト主体のタイプで、特長は、①植栽用土細粒やパーライト細粒を活用したことにより15%のコストダウンを実現した、②改良により土の粉塵を軽減し、散水作業を軽減できるなど施工性を向上させた、③保水力の高い資材の利用により、従来品の約1.3倍の保水性能となった、これにより土壌厚が薄くてすみ、潅水作業等の維持管理が軽減された、④堆肥の保肥力を向上させ、ケイソイルは1.5倍、草花名人は1.4倍保肥力が向上した。販売は引き続きテクノウエーブが担当する。
 
鹿島

■価格
 ケイソイル 23,000円/m³
 草花名人   6,000円(一般市販品、12リットル入り×5袋)
■問い合わせ先
 テクノウエーブ
 TEL 03-3479-5796
 鹿島建設
  http://www.kajima.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会