建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> データベースシステム 電子MAP上でデータを登録・検索・管理するシステム開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

データベースシステム 電子MAP上でデータを登録・検索・管理するシステム開発

2007年8月28日 分類: 土木資材・工法

川田テクノシステムは、電子MAP上にデータを登録・検索・管理するデータベースシステム「CALS台帳」を開発、販売開始した。特徴は、①国土地理院の最新データの活用により低コストを実現、②膨大なCDなどの記録メディアに保存された電子納品データの代表的な情報(INDEX情報)のみをパソコンに保存することで、膨大なデータ取り込み作業や運用コストを抑えることが可能。記録メディアはロッカーなどに保管し、必要な場合には、登録された記録メディアの位置情報により情報を取得、③電子納品保管管理だけでなく、図面データ管理台帳、災害状況情報共有、工事情報共有、地点情報整理、市民情報共有など「地図利用による直感的なインターフェイス」により拡張性の高いシステムとなる。
 
新しいイメージ

■価格
 標準価格
 1~99CAL 150万円
 ※税抜。初年度電話サポートおよび導入設定費1日分込み。
■問い合わせ先
 川田テクノシステム
 http://www.kts.co.jp/
 「CALS台帳」詳細ページ
 http://www.kts.co.jp/seijyou/calsdaichou/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会