建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 壁補強 ポリエステル繊維を使った工法が日本建築防災協会の技術評価を取得 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

壁補強 ポリエステル繊維を使った工法が日本建築防災協会の技術評価を取得

2007年8月24日 分類: 建築資材・工法

構造品質保証研究所は、同社の「SRF工法」が、各種の壁補強についても、財団法人日本建築防災協会の技術評価を7月20日付けで取得したと発表した。「SRF工法」は、ポリエステル製のベルトやシートなどの補強材を既存建物の柱や壁に貼り付けて補強する工法。2002年11月の柱補強での技術評価取得以来、オフィスビル・鉄道高架橋・学校・病院・マンション・木造住宅の耐震補強などで実績がある。今回の取得では、特に、補強後に、せん断壁・柱となるものにも靱性を付与できることが認められたとしている。既存の壁を利用して強度を上げ、柱を補強して靱性と軸耐力を確保することで、安く、早く、確実に基準を満たす補強を行う可能性が格段に広がったという。SRF研究会設計部会に入会(入会金等はない)すれば、設計資料を入手することができる。
 


■問い合わせ先
 構造品質保証研究所
 http://www.sqa.co.jp/index.html


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会