建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> マンホール 地震時の浮上を抑制する工法開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

マンホール 地震時の浮上を抑制する工法開発

2007年4月11日 分類: 土木資材・工法

ライト工業と秩父コンクリート工業は、マンホールが地震時に浮上することを抑制する「ハットリング工法」を開発した。地震時に埋め戻し土が液状化してマンホールに浮力がかかることを想定、コンクリート製の重量式浮上抑制ブロックを設置するというもの。マンホール周囲を掘削し、マンホールの外側にリング状のコンクリートブロックを設置、上部を砕石で埋め戻して重量増加を図る。通常は、マンホールに荷重は作用しない。新設・既設対応。写真 上は、施工概要図、下は、浮上抑制ブロック設置。
 




■問い合わせ先
 ライト工業
 http://www.raito.co.jp/
 秩父コンクリート工業
 http://www.chichicon.co.jp/sosiki%20zu.htm


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会