建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 循環型供給システムを構築した木材 「エンジニアードウッドEW8」 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

循環型供給システムを構築した木材 「エンジニアードウッドEW8」

2007年2月16日 分類: 建築資材・工法

ニュージーランドからオーストラリア、北米、南アフリカにかけて分布している針葉樹「ラジアータパイン」の苗を、契約プランテーションにおいて、植林に耐える大きさまで育て、植林・伐採の計画に基いた所定の場所に植林を行う。その後は定期的に森林レンジャーが巡回し、枝打ちなどを行いながら約30年かけて育て上げ、木材として活用する。このような環境循環型システムの構築によって、自然環境を破壊することなく、低コストで良質な木材の恒久的な安定供給を行っている。
針葉樹であるラジアータパインは低密度で軟質なため、造作用部材としての使用には難があったが、「EW8」は提携工場にて独自の"エンジニアリング"を施すことで問題を解決した。原木を「ラミナー」と呼ばれる一定の単位に切りそろえ、天然セルロース樹脂を含浸させ強度を加えるための"ウッドバーニング" と染色を行う。その後柾目が表面になるように垂直積層させ、集成材ブロックが完成する。継ぎ目が模様となり、どこでカットしても同じ色と模様が現れる。
厚み3~140㎜、幅20~1,000㎜、長さ150~6,000㎜の豊富なサイズで、突板としては0.3㎜から製造可能。階段やカウンターなどの造作用汎用材として、フローリングやドア、家具など幅広い用途に採用されている。ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆を取得。
WOOD ART GALLERY: http://www.wood-art-gallery.com/
 
kyo-1-1.jpg

kyo-1-2.jpg

■お問い合せ先
 エーディーワールド
TEL 0120-26-8869
http://www.ad-world.co.jp/


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会