建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 搭状構造物の汎用的構築技術 「STEPSタワー工法」 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

搭状構造物の汎用的構築技術 「STEPSタワー工法」

2007年2月16日 分類: 建築資材・工法

日本ヒューム(株)と共同開発した「STEPSタワー工法」の強度性能確認試験を実施。コンクリート製風力発電タワーの大型化における現場での鉄筋・型枠の組立や、コンクリート打設・養生による工期・コストについての課題解決を目指した。
「STEPSタワー工法」は、高強度コンクリートプレキャストブロックによりタワー重量を軽量化し、PC鋼棒によって緊張しながら積み重ねて構築するもので、大きさの異なるプレキャストブロック同士を一体化できる調整ブロックの考案によって、階段状に尖塔型タワーを構築する構造を実現した。
高さ60m級のタワーを10基施工する場合、従来工法と比較して工期では約4分の1、コストでは約30%の縮減が可能となる。
 
ken-7.jpg

■お問い合せ先
戸田建設(株)
TEL 03-3535-1602
http://www.toda.co.jp


 



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会