建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> メタバース用3D建築データ出力機能を開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

メタバース用3D建築データ出力機能を開発

2022年5月25日 分類: CAD、BIM・CIM

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、自社製品で作成した3Dデータをメタバースにアップロードできる形式=GLBファイルに出力する機能を開発。メガソフト製品でデザインした建築データをユーザー自身がメタバースにアップロード、プレゼンや内覧会を開催できるようになった。
また、同機能は3月に新発売した3DマイホームデザイナーPRO10/PRO10EXに搭載し、その後シリーズ製品にも順次アップデータにて追加搭載されている。
 
メタバース用3D建築データ出力機能を開発
 
■機能概要
 
・ファイル出力方法
当該製品で3Dデータ作成後、3D編集画面の「ファイル」メニューより、「エクスポート」「glTF/GLB」を選択し、ファイル名指定画面でファイル種類「GLB(*.glb)」を選択。
躯体、家具・建具類、マテリアル情報(色・柄データ)など必要なデータを圧縮してGLBファイルに出力する。
 
 
■機能搭載製品
 
・3DマイホームデザイナーPRO10EX
初めての人でもインストールして24時間ほどで使いこなせる操作性。
専用オペレーターや外注に依頼する必要がないため、提案スピードが早く、外注コストがかからない。
 
商品ページ
https://www.megasoft.co.jp/3dmhpro10ex/
 
 
・3DマイホームデザイナーPRO10
新築戸建て住宅用建築デザインソフト。
 
商品ページ
https://www.megasoft.co.jp/3dmhpro10/
 
 
・3Dアーキデザイナー11Professional
戸建て住宅、マンション、商業施設や店舗設計、新築からリフォームまで、様々な建築物に対応。
図面、パース、法規チェック、ウォークスルー動画の作成まで可能。
ハウスメーカー、設計事務所、工務店、家具販売、インテリアコーディネーターまで幅広く利用できる。
 
商品ページ
https://www.megasoft.co.jp/3darchi11pro/
 
 
・3Dオフィスデザイナー11
床・壁を配置し、建具や備品などを配置するだけで、簡単にオフィス空間のプランニングができるオフィスレイアウト&シミュレーションソフト。
 
商品ページ
https://www.megasoft.co.jp/3doffice11/
 
 
・3D医療施設デザイナー11
医療系に特化した医療・福祉施設レイアウト&シミュレーションソフト。
専門的な知識が必要となる病院建築設計では、ヒアリングや情報共有が不可欠のため、図面だけでは伝わらない情報を3D化することで、円滑にプランニングを行うことができる。
 
商品ページ
https://www.megasoft.co.jp/3dmed/
 
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
https://www.megasoft.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会