建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 内装工事の業務効率化・脱炭素化の基盤環境「BuildApp」を2022年1月に公開 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

内装工事の業務効率化・脱炭素化の基盤環境「BuildApp」を2022年1月に公開

2021年12月17日 分類: 建築資材・工法

野原ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野原弘輔)は、2022年1月より、内装・建具工事におけるBIMを活用した設計-生産-施工プロセスの業務効率化と脱炭素化を支援するプラットフォーム「BuildApp(ビルドアップ)」(β版)を開始する。
それに伴い、2021年12月6日(月)~8日(水)に開催される第1回建設DX展(東京ビックサイト西展示棟)にて、一部のサービスを先行公開予定である。
 
内装工事の業務効率化・脱炭素化の基盤環境「BuildApp」を2022年1月に公開
 
■BuildApp(ビルドアップ)とは
設計積算、生産、流通、施工管理、維持管理の5つのプロセスごとに次工程との連携が容易になるサービス群を整備。
BIMを起点としたデータが、設計から維持管理までの建設プロセス全体と関係者を繋ぐ役割を果たす。
 
期待できること
・設計・施工の手間・手戻りの減少
・これまで手動だった作業の自動化
・建設プロセス全体の大幅な生産性向上とコスト削減
・生産・流通の最適化、施工現場での廃棄物・CO2排出量の削減により建設産業の脱炭素化
 
 
■商品詳細
名称:BuildApp(β版)
開始時期:2022年1月
※正式版は2022年7月開始予定
価格:β版は月額費用無料
※初期費用は要問い合わせ
 
 
■問い合わせ先
野原ホールディングス株式会社
https://nohara-inc.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会